財産分与の際に持ち家はどうなるのか?


財産分与と言われれば、離婚についてと言う事はお察しがつくでしょう。
出会いあれば別れあり、とも言いますよね。
今回は、離婚する際に持ち家はどうなるのか?どうすればいいのか?を確認していきます。

 

◆家の価値を調べよう


まずは離婚調停や協議等でお忙しいかとは思いますが、家の価値がいくらになるのかをしっかり調べる必要があります。
この金額がはっきりしない事には今後の対策も練れませんし、どうしようもありません。
金額をハッキリさせた上で、どのような方法で財産分与をするのかを検討しましょう。

 

◆家の価値が分かったら?


さて調べた結果、家の価値が分かりましたね。
分かったところで新たな問題が浮上します。
それは、恐らく皆さんは住宅ローンを組んでいることでしょう。
離婚の際、その住宅ローンが残っている事がほとんどだと思われます。
その住宅ローンの残債と家の価値でどうなるのかを判断しなければいけません。
この家の財産分与に関しては大きく二つの道があります。
一つ目は現在の価値がローン残債よりも上回っていた場合、そしてもう一つはローン残債の方が価値価格よりも多い場合です。
ここから更に分岐されていくのでどうするかを決めなければいけません。
家のローン残債の方が高ければ正直、どちらかが住むことを前提に話し合った方が特なのかもしれません。
そのかわり、どちらか一方がそのローン残債も支払わなければいけないので、結構揉めやすいですね。
例えば夫が支払いをして、妻と子供が住み続けると言うのが一般的に多いですが、稀にローン残債の支払いをしなくなる夫もいるようです。
この場合、最終的には妻が泣き寝入りして支払わなければいけないパターンにもなりやすいですね。
そしてもう一つローン残債よりも価値が上回っていた場合です。
この場合は正直、売却してしまった方がいいでしょう。
綺麗さっぱり売却して、後腐れない方が絶対にいいです。
そして余ったお金は二人で分けるのが良いでしょう。

 

◆最終手段もあります。


財産としては売りたくない、でも両方とも住んだら争いになる!という時は最終手段として銀行にも許可を得なければいけませんが、賃貸にだして家賃収入を得ると言う方法もあります。
そしてその家賃収入も立派な財産として振り分けるのもいいでしょう。
これはお互いの了承と、銀行や住宅ローンで借りた金融機関の了承を得て、OKが出た場合にできる方法とも言えますね。
このように持ち家を持っての離婚は、財産分与において非常に面倒な部分が多い事は間違いありません。
もし離婚してしまうような場合で、このような不動産をお持ちの場合は、早めにどうするか決めておきましょう!