どうしたら家賃収入は安定するのか?


安定した家賃収入を得るのはなかなか大変です。
家賃収入を安定させるにはどういうところに気を付けていけばいいのでしょうか?
今回は安定した家賃収入を得る為のポイントをお話していきます!


◆立地条件
第一に重要なのは立地条件です。
どんなにいい建物でも立地条件が悪ければその魅力は半減してしまいます。
特に不動産と言われるくらいですから、その建物は動くことはできません。
かといってその建物の周辺が劇的に改善されるとも思えません。
そう考えると立地条件とは非常に大切ですね。
自分の力ではどうしようもできないものに関しては妥協せずにしっかりと考えた上で決断を下すようにしましょう!


◆セキュリティや防災面も重要
特に女性が一緒に住んでいるご家庭や子供が暮らすようなご家庭ではこのセキュリティに関してはものすごく問い合わせが多いです。
オートロックはもちろん、モニターフォンなども重要ですよね!
更に言えばボタン1つで警備を呼べる警備会社などのセキュリティがついていたらかなり大きなアピールポイントになります。
また防災面に関しても建物が大きければ大きいほど気にする入居者の方は非常に多いですね。万が一の備えや逃げ道の確保、またはどのくらいまでの災害に耐えられるかなど近年ではより細かい部分まで気にするようになってきましたね。
それだけ入居者が建物へより高いクオリティを求めるようになってきたという事ですね。


◆中古物件は特に注意!
新築ばかり買う事が成功の近道とは言えません。
むしろ中古物件を上手く活用することで家賃収入をアップさせることが出来るわけですが、この中古物件を購入時の注意事項があります。
それは、共用部分です。
結構外観や近隣のチェックはするのですが意外にも見落としがちなのが共用部分ですね。
廊下やエレベーターはもちろんのこと、非常階段などもしっかり見ておきましょう。
人が余り通らないようなところにゴミやチラシなどが放置されていると現在の管理会社の管理が良くないとか、入居者の質が悪いのか?など様々な部分で見えてくるものがあります。そうなっていると当然考えられるのはトラブルです。
無駄なトラブルほど面倒な事はありません。
中古物件を購入する際はこのような面もしっかり把握しておくことも重要でしょう。


◆最後に
利回りなどの金銭面ももちろん家賃収入への成功のポイントではありますが、基本は建物やその周辺などにもしっかり目をむけて入居者が満足できる管理をしていくのが安定した家賃収入への近道かもしれませんね。