不動産を売却する際の知識を知ろう!契約書について


不動産の売買は高額な取引となる事が多いため、必ず契約書を交わす必要が出てきます。
また不動産の法律とも言われる宅地建物取引業法でも、不動産を扱う者(企業など)に契約が成立したら遅滞なく契約内容を記載した書面を交付するように、と義務付けられています。
今回はこの売買契約書について詳しく確認していましょう。

 

◆売買契約書の項目とポイントについて


まずは契約書の内容を確認します。
物件情報に誤り等がないか確認しましょう。
この契約書を作成する際は登記簿に基づいて作られます。
売買する物件が、しっかりと分かるように記載されているかが重要です。
次に代金の支払いや、手付金などの支払日についてです。
金額や買主の支払日などは、しっかり確認しておきましょう。
また手付金に関してはいろんな種類があり、解約、証約、違約手付とある為その内容の把握もしておく事が大切です。
又、その手付金額は妥当な金額なのかも確認しましょう。
全て他人任せにすると、間違っている事もあるかもしれません。
あとは土地についてです。
土地に関しては登記簿の面積と実際の面積が違う事が多々あります。
これは古い土地ほどよくある事で、長年の工事等で境界がいつの間にか移動してしまい、本来の土地の広さとは変わっている事がよくあります。
売買の際は、多少の費用は掛かりますが、しっかりと測量や調査をして間違いがないか絶対に確認しておきましょう。
そして最後は、所有権の移転と引き渡しです。
引っ越しの予定等も考えて、タイミング的に問題ないかを判断しましょう。
ここがずれてしまうと、引っ越ししたくてもできない、という状況にもなりかねません。

 

◆契約解除について


万が一の為に、契約解除についても詳しくお話しておきましょう。
上記でも少しお話しました、手付による解除と通常の契約違反による解除です。
突発的な事情により、契約を解除しなければいけない状況に陥る事もあるかもしれません。
その場合、契約の段階でどのような取り決めになっているかが重要です。
場合によっては、契約解除できない様な内容になっている事もあるからです。
また手付の解除と、契約違反による解除の金額は、売買金額の20%までが基本のようです。
20%以上の契約の場合は、よく話し合った方がいいかもしれませんね。

 

◆最後に


このように契約書自体はただの用紙かもしれませんが、内容は結構重たいです。
しっかりと読んで確認して契約を交わさなければ、後々何かあった際に損をするのは自分です。
もし、自分で理解できない様な事があれば勝手に決めるのではなく、専門家や不動産屋さんに相談する様にしましょう。
売買契約において契約書は絶対ですよ。