浅草スーパー銭湯ものがたり


浅草にはたくさんの銭湯があります。その中からスーパー銭湯は1件のみで、あとは一般的な銭湯です。今回はスーパー銭湯とその周辺の銭湯についてまとめてみました。

■上野や浅草からも行ける

最初に紹介する銭湯は、日の出湯です。浅草にある銭湯ですが、少し歩けば上野駅へ行ける距離ですので、出張族にとっては利便性の高い場所にある銭湯の一つです。歴史は古く、江戸末期から明治初期(いわゆる幕末時代)に創業し、関東大震災や第二次世界大戦などを乗り越え、19年前に建て替えましたが歴史という意味では長いものです。 原則的には午後からの営業ですので、仕事終わりに立ち寄って疲れをいやすことができるのが魅力ですが、近隣の住民の方々が利用することがありますので、庶民的な銭湯です。 ランナーの方でも気軽に利用できるよう、前もって荷物を預けてからマラソンの練習をし、終わったら銭湯で疲れをいやすことができる制度もあるほか、一週間おきに一度、男湯と女湯の場所が変わります。初めて来る方は戸惑いますが、慣れてしまえば一つの楽しみが生まれます。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0041 東京都台東区元浅草2丁目10番地5号 ◎お問合せ先 ・03-3841-0969 ◎営業時間 ・15:00~0:00 ◎休業日 ・水曜日と1月1日 ◎入浴料 ・大人460円、小学生180円、小学生未満の方80円 ◎交通アクセス ・東京地下鉄銀座線 稲荷町駅下車徒歩4分 ◎備考 ・3月27、28日は臨時休業

■すしや通りにもある銭湯

次に紹介するのは、すしや通りの近くにある蛇骨湯です。温泉といえば火山と関わりがあるという印象が強いのですが、この銭湯は冷鉱泉であり温泉から出ると湯冷めがしないのが特徴です。そういう意味でも地下水を使っている温泉として有名です。 内装は改装されたばかりで、フロントや更衣室がちょっとした温泉旅館の雰囲気を出しています。それだけでなく、高齢の方がお風呂に入るときにネックとなる段差をなくし、バリアフリー対応にしたことからお年寄りの方でも気軽に入れます。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目11番地11号 ◎お問合せ先 ・03-3841-8645 ◎営業時間 ・13:00~23:30 ◎休業日 ・毎週火曜日(ただし休日の場合はその翌日の水曜日が代休) ◎入浴料 ・大人460円、小学生180円、小学生未満の方80円 ◎交通アクセス ・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線 浅草駅下車徒歩2分 ・東京地下鉄銀座線 田原町駅下車徒歩6分 ◎備考 ・コインランドリー隣接(コインランドリーは9:00~22:00まで)

■3丁目の銭湯

次に紹介するのは、千束小学校の近くにある曙湯です。外観が古き良き銭湯の典型的なスタイルを保ちつつも、藤の花が利用される方や地域の方々を楽しませてくれます。ちなみにこの藤の花は同じ浅草のウィンズ浅草付近から移設したもので、同じ浅草でしっかりと成長しています。 銭湯の壁画といえば大きな富士山が描かれているのが一般的ですが、この銭湯は雷門やスカイツリー、藤の花が描かれているあたりはご当地の銭湯であることを物語っています。また、夜にはライトアップされますので建物のノスタルジーを味わうこともできます。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0032 東京都台東区浅草4丁目17番地1号 ◎お問合せ先 ・03-3873-6750 ◎営業時間 ・15:00~翌日1:00 ◎休業日 ・第1、3金曜日 ◎入浴料 ・大人460円、小学生180円、小学生未満の方80円 ◎交通アクセス ・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線 浅草駅下車徒歩9分 ◎備考 ・裏にコインランドリーあり

■本題に入りますよ

さて、前座となる一般的な銭湯を3件紹介しましたが、ここからは真打となるスーパー銭湯の紹介をします。 浅草のスーパー銭湯まつり湯は、デパートの特集で紹介した浅草ROX1に入居しています。男性の方はサウナのほか毎週月曜日はメンズデーが、女性の方はリラクゼーションルームがあり毎週火曜日にレディスデーがそれぞれ設定されています。 (ただし、月曜日と火曜日が祝日となる場合は設定がありません) また、ファミリーや団体にも割引制度が導入され、大広間で食事を楽しみながらイベントがある日はそれを楽しむことができます。 特筆できるのは宿泊が可能で、夜遅くまで飲んで終電車に乗り遅れた方や関東エリアの観光の際、旅費を少しでも節約したいという方が安心して利用できるよう配慮されています。ベッドについては昔の寝台列車を彷彿とさせ、景色こそ見えませんが浅草で夜行列車の雰囲気を味わうことができます。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目25番地15号 浅草ROX6・7階 ◎お問合せ先 ・03-3836-7878 ◎営業時間 ・月曜日~土曜日→10:30~翌朝9:00 ・日曜日→10:30~23:00 ◎休業日 ・2、9月は点検のため臨時休業日の設定があることを除き無休 ◎入浴料 ・一般→大人2700円、小学生以下1350円 ・会員→大人2322円、小学生以下945円※ただし3歳未満は無料 なお、会員申し込みの際手数料324円必要(年会費は無料) (週末と年末年始は324円、深夜は30分毎270円それぞれ追加負担) ◎参考 ・宿泊プラン(男性34名、女性26名宿泊可能) ・基本代金→5400円※ただし朝食付き(WEB限定)は5000円 ・チェックイン→15:00 ・チェックアウト→9:00 ※ただし、深夜割増は適用されません ◎交通アクセス ・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線 浅草駅下車すぐ 東京地下鉄銀座線 田原町駅下車徒歩7分 ◎備考 ・2月10、11日については営業時間変更有

■まとめ

以上、浅草エリアのスーパー銭湯を中心にお話ししました。浅草はROXのみですが、それ以外にも一般的な戦闘が数多く点在することになります。スーパー銭湯以外にもいろいろな銭湯がありますので、それぞれの湯加減を楽しんでみましょう。 東京都浅草近辺で不動産の売買や物件探しをお考えの方は、株式会社日本不動産へ御相談下さい。お客様の立場に立って、お取引の成立までサポートさせていただきます。