賃貸経営の自己資金ってどのくらいあれば始められるの?


今流行りの不動産投資。
サラリーマンから主婦まで老若男女問わず行っている人は非常に多いです。
そんな中で今回は賃貸経営をしていくにはいくら自己資金があればいいのかを確認していきましょう。
興味がある人は要チェックですよ。

 

◆まずは100万円から


賃貸経営をするという事は当然物件を購入しなければいけないわけですが、不動産投資の良いところは融資(ローン)が受けられるというところです。
ですから、正直な事を言いますと、さほど自己資金というのは必要ではないという事になります。
もちろん自己資金というのは、あればあるに越した事はありません。
その分リスクが減りますからね。
ですが、それでは一体いくらあればいいのか?最低でも100万円以上は欲しい所です。
融資を受けられたとしても、最低限諸費用等は現金で支払いをしなければいけない事が多いからです。
まずは100万円以上の自己資金を貯蓄できるように意識しましょう。

 

◆年収は非常に重要


自己資金を意識しなくてはいけませんが、当然現在働いている年収も非常に重要になってきます。
その年収によって受けられる融資に差があるからです。
例えば、3000万円のアパートを購入したいと考えていたとしても、年収が200万円しかなければ恐らくは融資は降りないでしょう。
一般的に金融機関は年収の5~7倍の金額を上限に融資すると言われています。
よって、例えば年収が200万円であれば5倍でも1000万円しか借りる事ができない可能性があるのです。
そうなると残りの差額は、貯蓄等で補う事になります。
ですから、より利益を求めて良い物件を探すのであれば現在の年収も大切ですし、自己資金も多ければ多いほどいいですね。

 

◆自己資金は全て使ってはダメです


最後に購入後のお話を少ししておきましょう。
賃貸経営を始めるにあたり、当然購入したことがゴールではありません。
そこから物件の維持・管理が始まるわけです。
しかしながら、そこからもどんどん自己資金を使う事になります。
物件の修繕費はもちろん、固定資産税や保険料なども支払っていかなければいけません。
上記では100万円以上とは言いましたが、これはあくまでも最低の金額に過ぎません。
余裕を持たせたいのであれば購入する物件の3割は貯蓄しておきたいところです。
このように自己資金はたくさんあって損はありませんし、もちろんフルローンを組んで賃貸物件を購入する事も出来ます。
ですが、そのような経営ですとリスクが大きすぎる事や、失敗した際に経営を立て直すのが難しくなる為、できる限り自己資金は貯めておきましょう。
そうする事で無理なく賃貸経営をする事が出来ますよ!