相続不動産の名義変更(相続登記)をしないままでもよいのでしょうか?


相続の問題って、複雑そうで面倒に思ってしまいます。財産を相続した場合に、葬儀だとか雑用に追われて、不動産の名義変更をずっとそのままにしている方もいるかもしれません。あまりにも長い年数がたってしまうと、相続のことすら忘れてしまうでしょう。名義変更をしていない時期に問題が発生する場合もあるので、対処の方法を紹介していきます。

■名義変更はいつまでにすればいいの?

基本的には、期限は定められていないようです。ただし、権利の主張や相続の問題が新たに発生する可能性があるので、是非その前に名義変更を行った方が良いでしょう。名義の変更をしないままでは、トラブルの原因となってしまうからなのです。

■名義変更しない場合のデメリットとは

◎個人で賃貸アパートやマンションの管理をしていた場合に、借主はオーナーに何があったか知る由もありません。家賃の回収にいっても、借主にとっては見知らぬ人が「新しいオーナーです」と言っても、すぐには信じられない話であり、それを証明する権利を相手に示さなければならないでしょう。 ◎新たな相続問題がおこる 法定相続人である家族間で相続の話し合いがすんでいたにも関わらず、そのうちの誰かが亡くなった場合には、その方の家族(主な場合は配偶者)が相続問題に意義を唱えれば、相続の話し合いは振出しに戻ってしまい、問題もより複雑になってしまいます。

■トラブルを避けるための処置とは

家族同士の話し合いでは円満に解決しても事情をしらない家族の配偶者などは、わりと冷静に今後の生活のことを優先するのは仕方のないことです。「遺産相続争い」とならないように、話し合いで了解した事実をちゃんと書面で残しておけば、トラブルも避けられることものです。この書面は、「遺産分割協議書」を作成しておくことで権利の主張とトラブル回避になるのです。

■遺産分割協議書を作成するには

法定相続人が全員で話し合って決めることですが、分割の方法はみんなが納得していることであれば、均等に分けても比率を決めて分けても自由に決めることができます。遺産分割協議書を作成したら今後の為に必要となるため、全員分の書面と金融機関や法務局、地元の役所に提出する分を用意して、実印で作成されることが望ましいです。ただし、個人で作成した場合に、法的な不備や問題がおこらないように専門家の弁護士などに作成してもらうのが良いでしょう。なお、遺産分割協議書の作成するサンプルはネットで利用できます。

■相続の名義変更はできるだけ早めに

父の代の遺産が、名義変更されないままだと孫の代になると現在2人だった相続人が、数十人にまで増えて父の名義のままで相続の対象となってしまうので、相続の対象人は最初の相続した経緯がわからずに混乱と大迷惑をかけてしまうことでしょう。自分が良ければいい問題ではなくなってしまいます。自分の家族にトラブルを背負わせない為にも名義変更と遺産分割協議書作成は確実にすませておきたい事ですね。このような相続の問題や不動産に関するお悩みご相談は、株式会社日本不動産までご用命くださいませ。