家賃収入を得る不動産投資に必要な元手はどのくらい?


賃貸経営は月々の家賃収入が入ってくる、不動産投資でもあります。ほかの投資と比べ家賃という安定した利益を確保しやすいことから、人気の高い投資ではありますが、残念なことに投資を行っていくうえでの初期投資、すなわち投資する不動産を購入する費用がどうしても高額になってしまいます。そこで、実際に家賃収入を得るために賃貸経営をスタートさせるにあたり、いったいどのくらいの費用が元手として必要なのか見ていきましょう。

■不動産価格から必要な元手を考える

不動産を購入する際どうしても高額になりますから、一般的にはローンを組む必要があります。不動産会社と提携している金融機関であれば、物件購入金額のおよそ80%以上をローンとして組むことができる場合があります。例えば1000万円の物件を購入したとする場合、800万はローンを組むことで捻出できるわけですから、自己資金として用意する元手は200万円でよいということになります。

■100%ローンを組むことは可能か?

元手が全くないといった場合でも、100%ローンを組むことは基本的に可能ですから、自己資金資金0からの不動産投資をスタートさせることも夢ではありません。 ただし100%ローンを組むとなると、融資を受けるための審査は当然厳しくなりますし、たいていの場合、既に不動産投資をある程度を行っていて、運営実績がある場合にのみ融資可となる傾向があります。また、仮に審査が通ったとしても初期費用として不動産登記費用、不動産取得税、管理費・修繕積立金の未払い分支払いなど結構な出費が出てくることから、どうしてもある程度の元手は必要になってきます。 最低でも購入する不動産物件価格の1割を用意する必要がありますし、可能であれば2割以上元手を用意することをお勧めします。

■家賃収入を得る不動産投資のスタートラインとなる元手

ネットや不動産投資入門といった情報を扱うところデータをざっくり見ていくと、家賃収入で一定の利益を確実に確保したいのであれば、 ①一棟売の物件をチョイスする。 ②元手としておよそ200万円を用意する。 といった条件に行き当たります。もちろん中には一戸建てでも利益が出ているといったデータもありますし、元手は50万円からでも可能とするデータもありますが、そういった低予算の初期投資データは、あくまでも地方や郊外の不動産物件などであり、そもそも立地的に魅力に乏しい場合が多いので、投資予定の不動産物件に対する十分な調査が必要であるといえるでしょう。 不動産経営にチャレンジし、安定した家賃収入を得たいとお考えの方は、株式会社日本不動産までご相談ください。