被相続人の兄弟は相続することは可能か⁉


遺産の相続には、配偶者とは別に法定相続人の順位を決めなければなりませんが、今回は被相続人の兄弟が遺産相続人になった場合とそれ以外の場合の分配について紹介してまいります。

■法定相続人の順位はどうなる

配偶者には、相続権が優先されますが、他の法定相続人は優先する順番があります。以下は、第1位から第3位までありますので順位によって相続分の分配率があります。 ◎第1番の順位 被相続人(死亡した者)からの続柄が子供の場合 (子供が死亡時には孫あるいはひ孫が対象になります。=直径の子供など=直系卑属 )  ◎第2番の順位 被相続人からの続柄が父母の場合(父母が死亡時には祖父母あるいはひい祖母など=直径の親以上の世代=直系尊属)     ◎第3番の順位 被相続人からの続柄が兄弟姉妹の場合(兄弟姉妹が死亡時には甥や姪が対象) ※優先的には、血縁のある直系の子供や孫やひ孫が、親や祖父母よりも上となります。

■法定相続人による分けかたとは

遺産の相続は肉親であってもなかなか決まりにくいものです。ひいてはトラブルのもとにもなりえます。話し合いで決まらない場合は法定相続分によって割合が決定することになります。※遺言書があれば最優先されます。※配偶者に半分以上が分配されます。 ◎配偶者+子供の場合 配偶者は2分の1 、 子供に残りを分配 ◎配偶者+親など(直系尊属)の場合 配偶者は3分の2 、 親などに3分の1 ◎配偶者+兄弟姉妹の場合 配偶者は4分の3 、 親などに4分の1

■「配偶者」と「兄弟姉妹」の相続における立場

「配偶者」と「兄弟姉妹」においては、「兄弟姉妹」の優先順位は下位に当たります。 通常は、直系の子供や親がいる場合には、「兄弟姉妹」の相続はめったにないことです。 夫婦間に子供がいなくて親世代もいない場合が「兄弟姉妹」の相続や「甥や姪」が相続人になるのです。※配偶者が亡くなっていた場合には、子供だけで分配することになりますので、配偶者が亡くなっていた場合も、兄弟姉妹には分配されることはありません。 もしも「兄弟」に遺産を確実に相続させたいのであれば、遺言書によって明確にしなければなりません。現代は核家族によって親世代、子供世代とも関係が希薄になりつつあります。 また、子供を設けない意思の夫婦もいるので、遺産の相続はより複雑になるでしょう。誰かに遺産を残したいのであれば、家族間のトラブルを避けるためにも遺言書が必要ではないでしょうか。(遺言があれば他人でも受け取ることができます) 相続問題に限らず不動産の売却、購入に関してお悩みの際には「日本不動産」までご一報願います。