相続税は生命保険で非課税にできるってホント⁉


平成27年から相続税の基礎控除額が下げられました。そのため、これまで相続税の心配がなかった人もこれからは相続税の対策を考えていかなければなりません。相続税の対策としては生命保険に加入することです。ではなぜ、生命保険と相続税が関係しているのでしょうか。

■生命保険と相続税の共通点

生命保険と相続税はとても深いかかわりがあります。生命保険の取り扱いとしては、その生命保険金を受け取るときに相続税が発生してきます。このことについて知識を入れておけば、このお話に関わったときに節税などに役立つ時が訪れるかもしれません。 まず、生命保険が相続税の対策としてとても便利に使うことができることを意外と知らない人がいるのではないでしょうか。財産を従来のまま残しておくより、保険金として相続人に受け取ってもらったほうが、より多くの現金が相続人に入ってきます。 また、生命保険の一部は相続税が控除ということになっていますので、そのまま現金を受取ったり、現金以外の財産を相続させるより、生命保険金として相続人に受け取ってもらったほうが支払う相続税は少なくて済みます。

■生命保険で相続税が非課税になる

そもそも、相続財産から生命保険料の支払いをしておくと、相続税の対象となる財産が減ることに繋がるため相続税が減ることになります。また、生命保険の受取金は相続税が非課税になる金額が決められているため、非課税の金額内は税金を払う必要がなく、相続する財産のすべてが受け取り可能となります。 例えば、総資産が8800万円の家族、夫・妻・子ども3人ですと夫が死亡した場合、生命保険を利用しなかった時は相続税が680万円かかってしまいますが、生命保険を利用した場合は相続税が140万円で抑えられることとなり、なんと差額が640万円にもなるのです。

■孫が受け取る場合は非課税にならない

生命保険の非課税は、受取人が法定相続人である場合は使うことができますが、相続人ではない孫や親族を受取人にした生命保険は、非課税にはならないので従来のままダイレクトに相続税が課税扱いになります。

■まとめ

生命保険に加入すると、500万円×法定相続分まで「非課税」になります。もしも、2人の子供がいた場合は1000万円になります。その1000万円を預貯金で所有したまま相続を迎えるよりも生命保険として1000万円を預けておけば、全部非課税になるのでその方が有利です。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には「日本不動産」までご一報ください。