住んでいる家の相続にまつわる話~相続の悩みや問題点~



相続問題で、もっとも悩まれている方が多いのは、住んでいる家の相続ではないでしょうか。ここでは家の相続に必要な手続きの流れと問題点を、詳しく説明していきたいと思いますので、一緒に見ていきましょう。

住んでいる家を相続するうえでの悩み

住んでいる家の分割は、預金や株などのように、きっちり財産分与することが難しいため、遺産分割で揉めやすいうえ相続税を考える時にも、「家の財産や預金などが少なく、相続税に不安がある」という悩みが出てきます。 また、不動産登記という名義変更の手続きをしなければならなかったりと、考える事がたくさん出てきますが、不動産会社や弁護士に相談し、不安や悩みを解決していくといいでしょう。

相続税とは?

人の死亡を原因として、財産分与が行われた際にその財産を受け取ったものに対しての課税のことです。

住んでいる家を相続する種類や特徴

ここでは、住んでいる家を相続する種類や特徴は2種類ありますので、詳しく見ていきましょう。

代償分割

親と子のうちの1人が同居していて、そのまま移住をする場合によく用いられます。小規模宅地の特例で相続税が軽減されるメリットもありますが、他の相続人に代償を払う資金力が必要になるデメリットもあります。

換価分割

小規模宅地の特例を利用できずに、譲渡所得税まで課せられてしまう可能性がありますが、売却金を分割しやすいというメリットがあります。デメリットとしては、売却に手間暇がかかったり、財産現物が残れないことや譲渡益に対し所得税及び住民税がかかることです。

小規模宅地の特例とは

両親が暮らしていた家の敷地を相続する場合において、その相続した人が一定の条件を満たすときは、その家の敷地のうち240平方メートル(70坪)の部分については相続税評価額を80%減額することができます。 例えば、1平方メートルあたり30万円の地域に100坪(235平方メートル)の家がある場合、自宅敷地の相続税評価額は7,050万円(30万×235平方メートル)ですが、この敷地に小規模宅地の特例をあてはめると、7,050万円の評価額が80%減額により1,410万円まで下がります。(7,050万円-80%) このように小規模宅地の特例をうけると、相続税評価額を大きく減額することができるため、相続税に大きなメリットをもたらします。

住んでいる家を相続する問題点

家の相続で複数の相続人がいる場合、相続の話が出たときに対応すると、トラブルになりがちです。どの分割方法でもトラブルの素はあります。そのため、家の相続は相続人がいる間に、納得のいく話し合いをするのが賢明でしょう。

相続財産の多くのケースが不動産の場合

預金や株などの金銭的財産は価値が分かりやすいため、分配も比較的スムーズにいきますが、不動産となると価値も分かりづらく、分割することも難しいのでトラブルに発展しがちです。

あらかじめ相談先を決めておく

トラブルに発展する前に、専門的な分野の知識を持つ不動産会社や弁護士事務所を調べて、相談先を決めておくことも大切です。 また、トラブルに発展しないために思い切って、家を売却するのも手段として考えておいてもいいでしょう。売却すれば、利益を相続人にたちで均等に分けられます。

まとめ

このように住んでいる家を相続する種類や特徴や、相続においての悩みや問題点を説明しました。繰り返しお伝えしますが、相続で揉めがちなのが、価値の分かりにくい家の相続です。住んでいる家を相続するとトラブルに発展しがちですが、その対処方法もあるので、参考にしてみると良いでしょう。 東京都浅草近辺で不動産の売買をお考えの方は、株式会社日本不動産へご相談ください。お客様の立場に立って、お取引の成立までサポートさせていただきます。