財産分与について考えよう!相続財産の場合


さて、親族一同でトラブルの元となりやすいのが相続財産の財産分与についてです。
遺書等があればトラブル等も少なく解決するのですが、なかなか遺書を書く人も未だ少ないですし、そもそも遺書なんて書く猶予がない状況も多い事でしょう。
今回は相続財産の財産分与についてお話していきましょう。

 

◆遺産を分割するには?


まず遺産を分割していく上で4つの方法があります。
売却する方法はもちろん他の方法もありますので今から確認していきましょう。

①現物分割
この方法は相続人毎に相続する財産を決める方法です。
土地、家、車、株、預金などとそれぞれ平等に相続できるように振り分けていく方法です。

②換価分割
現金や貯金がなく、不動産などの物しかないものの、誰もその財産を使う目的がない場合にその財産を全て売り払ってしまいその代金を分割する方法です。
これが結構後腐れなくていい方法です。

③代償分割
例えば、長男が家を相続したとしましょう。
そのままその家に住むことになった場合、次男は何も財産がない状態になってしまいます。
しかし、そこで家の価値が1000万円だった場合に長男が次男に相続割合分の金銭を渡すというものです。
この場合、長男に現金がないと難しいので、代償相続の場合は早めに考えておいて現金の準備をしておいた方がいいのかもしれませんね。

④共有分割
土地や建物で言うと、兄弟で1/2ずつ共有する事です。
この場合ですと次回売却する時は当然両方が承諾しないと売却もできません。
ですからできれば一番避けたい方法ではありますね。
人は結構気が変わるものです。
共有分割にするといつの日かトラブルになる可能性も否めませんね。

 

◆遺産分割協議書を作成しよう


可能であればこの遺産分割協議書を必ず作成しておきましょう。
近年では終活という言葉も耳にします。
故人が元気なうちに遺産分割協議書やお墓、葬儀場などの準備をするというものです。
相続財産を分けることは本当にトラブルになります。
親族で争わなくていいように前もって話し合いをしておくのもいいでしょう。

 

◆売ってしまうのが一番良い?


最後に相続時の話ですが、上記のように生前に決める事ができず、又、トラブルになりそうな場合は相続財産などを売却してしまい、現金に換えて分割してしまった方が後腐れなく一番かも知れません。
しかし、どうしてもローンが残っていたり、現在住んでいたりと状況によってすぐには手放せない事もあるでしょう。
このような場合にはしっかりと話し合って決めて行きましょう。
相続財産を財産分与することは、非常に大変な事です。
トラブルが起きないように、専門家等に仲裁に入ってもらうのもいいでしょう。