【不動産】投資をしよう!売却して利益がでると掛かる税金は?



不動産投資をしていると必ずと言っていいほど関わってくるのが税金です。
これは利益がでればでるほど、支払うものが増えてきます。
せっかく利益がでたのに、税金でほとんどなくなる…なんてこともあります。
今回は利益と税金についてお話をしていきます。


◆不動産を売却する際にかかる税金とは?
まずは不動産を売却する際にかかる税金から見て行きましょう。
大きく分けて3種類あります。
まずは印紙税です。
印紙税は売買金額によってその金額も変わります。
不動産の売買価格が高いほど印紙税も高くなることは覚えておきましょう。
次は抵当権抹消登記の免許税です。
不動産購入する時に金融機関から融資を受けた場合、万が一借主がローンを返済できなくなった時の事を考えて抵当権が設定されます。
その抵当権を抹消する際にかかる費用です。
ちなみにこの抵当権抹消はご自身ですることもできますし、司法書士などに頼んでしてもらう事も出来ます。
ただし、司法書士に頼む場合は数万円ほど費用が掛かります。
そして3つめが売却して利益が出た場合の不動産譲渡所得税です。
この不動産譲渡所得税に関してはより詳しく確認していきましょう。


◆不動産譲渡所得税とは?
譲渡所得税とは不動産を売却した際に利益に応じてかかる税金の事を言います。
確定申告と共に納める税金ですね。
この税金は不動産を購入した時よりも高く売却ができた場合、その売却益に対して譲渡所得税が課税されるようになっています。
下記に計算方法を記載しておくのでそれを元に一度計算してみるのもいいでしょう。

・譲渡所得税=譲渡所得①×譲渡所得税の税率②
上記の譲渡所得①の内容は次のようになります。
譲渡所得=売却価格-(購入価格+購入時にかかった諸経費+売却時にかかった諸経費)
ちなみに購入時にかかった諸経費の内訳としては、仲介手数料、印紙税、登録免許税、登記手数料、不動産取得税があります。
ただし、元々皆さんは売る前提で購入などはしていないでしょうから、そのような内訳も忘れがちです。
その場合は購入価格を売却価格×5%で計算しても良い事になっています。


◆次に税率に関してです。
この税率は所有期間が5年を超えているか否かで変わってきます。
5年を超えている場合は長期となり所得税は15%、住民税が5%掛かります。
逆に短期の場合は所得税が30%、住民税が9%も掛かるのです。
このように長期と短期ではかなり税金の支払いに差がでてきますので注意しておきましょう。
※尚、平成25年から25年間は基準所得税額に2.1%の特別税が上乗せされますのでご注意を。


◆最後に
最後に売却損(利益がでなかった場合)が出た時でもしっかり確定申告する事で特例を受ける事が出来ます。
この特例を受ける事が出来れば節税にも繋がりますので、売却
が出ても確定申告は必ずするようにしましょう!