【不動産】を売却しよう!譲渡所得税について


不動産を売却すると必ず税金が掛かってきます。
ですが、このような税金も特例や様々な方法で節税できる事もあります。
今回はこの売却の際に発生する税金について、お話していきましょう。

 

◆譲渡所得税とは?


不動産を売却した際に発生する税金を譲渡所得税と言います。
これは買った時と売った時の差額によって発生するもので、簡単にご説明しますと購入した時が1000万円で売ったときが1100万円だった場合、この100万円に譲渡所得税という形で税金が掛かる様になります。
ちなみに譲渡所得税は下記内容で計算できるようになっていますので覚えておきましょう。
・譲渡所得税=課税譲渡所得×譲渡所得税の税率
この中で課税譲渡所得とありますが、こちらの内容は下記の様になっています。
・課税譲渡所得=売却価格-(購入価格+購入時の諸経費+売却時に掛かった諸経費)

 

◆譲渡所得税は安くなる?


文頭でもお伝えさせて頂きましたが、この譲渡所得税は安くする事が出来ます。
所謂、節税ですね。
この方法は現在大きく分けて3種類あります。

①3000万円の特別控除の特例
これはマイホームの特例にはなりますが、一定の要件を満たすことで所有期間関係なく譲渡所得から最高3000万円の控除の特例を受ける事が出来るようになっています。
この一定の要件というのは、自分が入居していたこと、買い手と売り手が親族関係ではないこと、売却する2年前に遡って同じ特例を使っていない事です。

②所有期間が10年以上の場合
売却した不動産(居住用)を10年以上所有していた上で売却した場合に適用されます。

③買換えの特例
そして3つ目は不動産を売却し新たに居住用の不動産を購入した場合、この買換えの特例を受けられるようになります。
売却価格が1億円以下で前に所有していた不動産を10年以上保有していた場合に限りご利用できます。
細かな計算等は今回割愛させて頂きますが、気になる方は是非ネット等で検索してみましょう。

 

◆最後に


このように、売却する際には様々な特例を受けられる可能性があります。
金額や住んでいた期間でも受けられるのか、受けられないのか、差が出てきてしまいますので、必ず確認しておきましょう。特に10年か9年11ヵ月では節税対策できるか、できないかで大きな違いが出てきます。
自分では所有期間10年越えていると思っていても案外超えていない事も多いです。
役所等に問い合わせて自分の所有期間を確かめておくといいですね。