【相続税対策】孫を養子にすることは有効か?


人間だれしも、自分の築いた財産を子孫に残したいという思いは当然あります。しかし、財産を相続する際にクリアしなければ問題があります。そうです、『相続税』です。今回は、相続税対策として、孫を養子にすることが有効かどうかお話していきたいと思います。

■相続税をできるだけ少なくしたい。

相続税は、相続人が多いほど税額が小さくなるという特徴があります。養子縁組によって、相続人を増やす(”子”を増やす)ことで、相続税額は大幅に少なくなります。どれくらい少なくなるか例を挙げて説明します。 ◎基礎控除額=税金のかからない範囲 基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数) 例:法定相続人が妻と子供2人の場合 基礎控除額は3,000万+(600万×3人)=4,800万円となります。これは4,800万円までは相続税が掛からないという事です。 これが、孫を一人、養子に取ることによって、子が3人となった場合は 基礎控除額は3,000万+(600万×4人)=5,400万円となります。つまり600万円もの節税効果があることになります。

■メリットは節税だけではない。

孫を養子にすれば、ご自身がなくなったあとスムーズに養子となった孫に財産を継承することができます。どんなにかわいいお孫さんであっても、養子縁組をしないと、財産は子に継承され、子の代で使い果たしてしまえば孫が継承できる財産はなくなります。但し、注意点もあります。

■注意点その01

養子になった孫が財産を相続した場合には実子が財産を相続した場合と異なり、”相続税の2割加算”という制度の対象になります。つまり、実子二人が、263万円の相続税を支払えばいいのに対し、養子となった一人はその2割増しの315万円支払わなければならないというものです。 ちなみに、配偶者の相続税額は0円です。相続税を支払う義務があるのは、子(実子と養子)のみということになります。

■注意点その02

例)ご自身に一億円の財産があり、配偶者と、実子が二人いた場合。(税金は考えないものとします。)遺産は(遺言で指定がない限り)配偶者が5,000万円。実子二人がそれぞれ2,500万円ずつ相続します。 生前に孫を一人、養子縁組すると、配偶者には変わらず5,000万円、しかし実子二人と養子一人はそれぞれ1,666万円ずつ相続することになります。養子縁組をして、”子”が一人増えることで、元々いた実子二人の相続額が小さくなるのです。この点について、実子二人の理解を得ないでいると、トラブルの原因となります。

■注意点その03

養子は、何人でも縁組することができます。10人でも20人でもです。しかし、遺産を相続できるのは一人だけです。(実子が一人もいなければ二人まで。)これは、相続税額を小さくするために、何人も養子をとることを防ぐための決まりです。

■注意点その04

孫が1人しかいないのならいいのですが、複数人居る場合、養子縁組されなかった孫には当然相続権は発生しません。その為、ご自身の死後、親族間で人間関係が悪化することも予想されます。

■まとめ

今回は、相続税対策として、孫を養子にすることが有効かどうかについてお話して来ました。結論としては、お孫さんを養子縁組することは、節税対策としては極めて有効です。 ただし、実子がいる場合はその方々の理解を十分に得られるよう留意しないと親族間でのトラブルの原因になりかねないという点にご注意ください。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には「日本不動産」までお気軽にご相談ください。