浅草北部の銭湯



今回は浅草北部の銭湯を紹介します。浅草は観光地であるほか、台東区民にとって上野から近いことからも都心への交通の便が良いことから、集団住宅地が比較的多く存在しています。

銭湯といえば・・・

銭湯は子供のころ、親に連れて行ってもらった場所の一つでもあり、独身だったころ、風呂がないアパートに住んでいる人ならばお世話になる場所として、今でいうSNSがまだ存在していない頃、銭湯は地域の人たちのふれあいの場として存在していたわけです。

千束の銭湯 ~曙湯~

最初に紹介するのは千束地区の銭湯である 曙湯で、建物の外観については昭和の銭湯のスタイルを現在に伝えていることから、建物マニアにとってこのようなスタイルの銭湯は今や貴重な存在となっています。 浅草花やしきや浅草寺、九劇や演芸ホールなどといった見どころ満載のスポットや周辺の宿泊地からも近いことから、旅する人たちにとっては荷物を部屋においてから散歩を兼ねて訪問してみるのも、東京都内における銭湯の楽しみの一つといえるでしょう。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0032 東京都台東区浅草4丁目17番地1号 ◎お問い合わせ先 ・03-3873-6750 ◎営業時間 ・15:00~1:00 ◎休業日 ・毎週金曜日 ◎交通アクセス ・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩6分 ◎備考 ・駐車場無

千束と吉原のはざまに・・・ ~アクアプレイス旭~

最後に紹介するのは、アクアプレイス旭です。この銭湯は千束と吉原のはざまにあることから、浅草のもう一つの文化を感じながら銭湯を楽しむことができるのが特徴です。吉原といえば、別のテーマで取り上げましたが遊郭が大勢あった場所としてその名前が知れ渡るようになり、後年、映画のタイトルとなったのは有名な話です。 ここから少し歩けば、樋口一葉ゆかりの地である鷺神社があることから文学を感じながら散策し、散策で疲れた体をこの銭湯でたっぷりと癒しながら、風呂上がりのコーヒー牛乳を味わうのもおつなものです。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0032 東京都台東区浅草5丁目10番地10号 ◎お問い合わせ先 ・03-3872-3091 ◎営業時間 ・15:00~1:00 ◎休業日 ・毎週火曜日 ◎交通アクセス ・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩7分 ◎備考 ・駐車場無

まとめ

以上、浅草北部の銭湯を2件紹介しましたが、いずれも昭和の香りを感じることができる風情ある銭湯です。最近はどの地区でも建物の老朽化や後継者問題などにより閉鎖される銭湯も出てきていますが、今回紹介した銭湯共々、末永く皆様に愛されながら続けていきたいものです。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。