浅草東洋館から近い宿泊施設



浅草の観光地の一つである「浅草東洋館」は、歴史ある劇場の一つです。今回は、その周辺にある宿泊施設を紹介してまいりましょう。

同じ「劇場」という意味で・・・ ~ワイアードホテル浅草~

浅草には東洋館のほか、多数の劇場が存在していることから大衆演劇の街と古くから親しまれ続けています。東洋館の近くにある劇場の一つである浅草九劇(運営事業者は芸能事務所のレプロ・エンタテインメント)もその一つですが、この劇場の特徴の一つとして同居しているのがこのホテルです。 フロントは「和」をイメージしていますが、ドミトリータイプが定員4~6名の部屋で、昔の国鉄(現・JR)の寝台列車でいうならば開放式B寝台を彷彿とさせる寝台です。ただし、浴室は共用です。スタンダードクラスは2~3人用の個室のほか、ダブルベッドとツインベッドの個室がそれぞれ用意しており、前者は2名、後者は4名で宿泊可能でバスルームは個室の中にセットされています。 最上位クラスのスーペリアは、4名宿泊可能の部屋が1室のほかは2名一部屋であることが原則とされています。その中で一番上のフロアである1001号室では、夜になるとスカイツリーのライトアップが遠くの景色として楽しめるのが特徴です。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目16番地2号 浅草九つ倶楽部 ◎お問い合わせ先 ・03-5830-7931 ◎交通アクセス ・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩2分 ◎備考 ・浅草東洋館まで徒歩4分

ゲストハウス ~ケイズハウス東京オアシス~

この宿の特徴はゲストハウス(平たく言えば民宿)ですが、浅草らしく和をイメージしています。東洋館からも近い距離にあるので、ここを拠点に劇場巡りをしてみるのも一つの楽しみといってもよいでしょう。 部屋の構成についてはドミトリールームが4名用と5名用のほか、ダブルルームとツインルーム(二名用)やトリプルルームとファミリールーム(3名用)に4名用の個室がそれぞれ設定されています。おひとり様ならばドミトリーでも事足りることでしょうが、パートナーがいる場合はダブルルーム、4人家族なら4名個室あたりが適していることから、人数に応じた部屋を予約してみてはいかがでしょうか。 東洋館のほか、浅草駅や花やしきに浅草寺からも歩いていける距離ですので演劇を見てから散策し、夜はポッピー通りなどで一杯やりながら旅の思い出作りをしてみるのもよいでしょう。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目14番地10号 ◎お問い合わせ先 ・03-3844-4447 ◎交通アクセス ・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩1分 ◎備考 ・浅草東洋館まで徒歩4分

西浅草からのアプローチ ~東海荘~

浅草にある旅館がこの宿で、小さな工場の隣にあるのが特徴です。雰囲気はアットホームな感じがし、いかにも庶民派の下町風情そのものを感じ取ることができます。赤レンガの外観がレトロ感を出しているあたりは以下にも浅草らしさを感じます。 1階と2階がシングル・ダブル・ツインの個室で構成されており、単身の方を中心に人気を博しています。3階が男女共用の寝台がミックスタイプのドミトリールームのほか、2~5名対応のプライベートルームは少人数のグループでの利用がしやすいよう考慮されています。 屋上はランドリーブースのほかちょっとしたベンチとテーブルがあり、晴れた夜の日には夜景を見ながら飲み物や食べ物を持ち合って、和気あいあいと楽しむことができますが、23時から翌朝8時までの間、ランドリー以外は利用できません。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0035 東京都台東区西浅草2丁目16番地12号 ◎お問い合わせ先 ・03-3844-5618 ◎交通アクセス ・首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩2分 ・東京地下鉄銀座線田原町から徒歩5分 ◎備考 ・浅草東洋館まで徒歩4分

雷門の近く ~雷門旅館~

この旅館は仲見世通り沿いにあることから、あの雷門とは目と鼻の先にあるのが特徴です。浅草東洋館までは少し距離こそありますが、まずは雷門からスタートして仲見世通りを散策し、浅草寺で参拝してから浅草公会堂を少し眺めながら出かけてみるのもいいでしょう。まるでちょっとした散歩を楽しめますね。 歴史としては戦後間もなくの昭和22(1947)年に創業してから約70年近くにわたり、浅草の文化を支え続けてきました。昭和54(1979)年にはホテル雷門と名乗った時期がありましたが、令和元(2019)年には装いも新たにした旅館の改築が完了し、名称も原点に立ち返る意味で雷門旅館へと戻りました。 部屋数は13室で構成されていますが、特にユニバーサルデザインに考慮した部屋が1室設定されており、バリアフリー観光をされる方にとって使い勝手の良い部屋であるのがこの旅館の特徴です。 【詳細情報】 ◎住所 ・〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目18番地2号 ◎お問い合わせ先 ・03-3844-1873 ◎交通アクセス ・東武鉄道伊勢崎線東武浅草から徒歩3分 ・東京地下鉄銀座線浅草から徒歩2分 ・東京都交通局都営浅草線浅草から徒歩4分 ◎備考 ・浅草東洋館まで徒歩6分

まとめ

以上、浅草東洋館周辺の宿泊施設について紹介してまいりましたが、浅草観光のついでに東洋館に立ち寄る方の拠点として活用しながらも、寄席やライブなどを楽しんだあとはポッピー通りやいっぷく横丁で飲み歩きと柔軟な観光プランを立てやすいので、ここは人それぞれといったところでしょう。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。