浅草唯一だった映画館



浅草地区は演芸ホールや東洋館、ロック座や九劇などといった演芸ホールが点在しますが、映画館については電気館ただ一つの存在でした。今回は、浅草電気館の歴史を中心にお送りします。

浅草電気館

浅草地区唯一の映画館といえば電気館で、映画を見るスポットとしては唯一の存在でした。周辺を劇場に囲まれながらも、映画館として営業しているという意味では演芸関連の劇場と共存しているのが特徴です。その歴史は長く明治時代へとさかのぼっていきます。この劇場が誕生したのは、明治36(1903)年になってからのことでした。 当時の映画(活動写真と呼ばれていた)はフランスなどといった海外でしか作られておらず、日本ではその機材などがないため、海外から輸入してくるしか道はありませんでした。当時の電気館はX光線の実験などをする程度でしたが、輸入して間もない活動写真を広く一般に見てもらいたいという目的で、電気館は誕生したわけです。 しかし、政府からは以下の条件を満たすよう突き付けられました。それは・・・。 「電気知識について、それを広く普及せよ」という条件でした。その条件を満たした電気館は映画の上映を行い、物珍しさも手伝って遠近問わず大勢の人たちが駆け付け、興味深くみて、結果的には大成功を収めました。それがきっかけとなり、日本各地で「電気館」と呼ばれる建物が誕生していくことになったのです。

戦前

大正元(1912)年に設立した日本活動映画(のち日活)へ移管されることになり、自社制作の映画を中心に上映するはずでした。しかし、経営上の問題により松竹へ譲渡され、蒲田に撮影所を持っていたのが幸いし、蒲田で制作し浅草で上映するというパターンを完成させるとともに、洋画も上映させるなど和洋問わず様々な映画を上映していきました。 その松竹が資本として設立した帝国キネマが主体となり、その後は新興キネマへと改称されるものの同社作品を封切する映画館として営業が続けられました。しかし、大都映画等と合流する形で大日本映画(大映※戦後、怪獣映画で成功を収めるが、それはまた別の話)へと移行され、同社の映画が優先的に封切されていきました。

戦時中

しかし、第二次世界大戦の激化により海外からの映画は敵対映画とみなされ上映が禁止されるほか、浅草エリアはほとんどが戦火で焼失され、東武浅草駅や浅草寺などといったごく限られた建物を除き、米軍の爆撃により破壊されていきました。また、犠牲者も出たことから、東京都内における戦争の悲劇を物語っているのは浅草全体も、その一つだということを忘れてはいけません。

戦後

戦後は引き続き、大映が主体となってこの劇場を運営していきますが、怪獣映画や時代劇などといった邦画中心の映画が上映したりといった日々が続きました。しかし、戦後から立ち上がって復活への道筋は、閉ざされることになります。 昭和46(1971)年、運営会社である大映そのものが経営悪化を理由に倒産。同時に浅草電気館の運営が難しくなるなどといった問題が浮上してきました。その問題に関しては松竹が運営や建物などを再移管することで合意したものの、実態はその傍系会社である中映と呼ばれる会社が主体でした。そして、昭和51(1976)年には電気館そのものが閉鎖され、建物は取り壊し後更地へと姿を変えました。 その更地には蚤の市が開催されましたが、映画とは全く無関係の飲食関係の事業へと移行され、電気館があったことさえ泡沫の彼方へと消えていき、浅草から映画を見るとしても周辺の街にある映画館へ行くことになったのでした。

そして、今

かつて、電気館と呼ばれる映画館があったこの浅草の地。蚤の市へと姿を変えて周辺の劇場などからの客を中心とした飲食が主体となっていた矢先、新たな動きがみられました。それは閉鎖から11年経過した昭和62(1987)年のことでした。 かつて電気館があった場所に、新たに電気館ビルとして建設しようということになったのです。当然ながら「また、映画館でも作るのか?」と地元の一部はこれに異を唱えるかのように自治体へ陳情書を提出するなどといった動きは見られましたが、結局は商業地と住居部分を併せ持つ複合施設として生まれ変わることで建設がスタートし、地元の一部はそれを容認することになりました。 現在は映画館は名義だけで、予定通り商業地とマンションの複合施設として生まれ変わりましたが、どうして電気館と名乗っているかという理由は、かつてこの地に電気館という映画館があり、一般大衆に映画のすばらしさを発信したということを、のちの世に伝えるためとされています。映画とは関係なくなりましたが、浅草で生活する人たちそれぞれの人生という名の「映画」を、今でも上映しているかのような気がします。

まとめ

さて、浅草地区における映画館という意味での歴史を作った浅草電気館についてまとめましたが、かつてこの地に映画の文化をもたらしたという意味は非常に大きかったことですし、浅草の歴史だけでなく、日本の映画の歴史そのものに大きな影響を与えたのは、今稼働している電気館ビルそのものの「名前」が、弁士として後の世に伝えていることでしょう。 浅草地区での不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】まで、ご一報ください。