浅草演芸ホール場の歴史 ~なぜ、お笑いの聖地として誕生したのか~



現在の浅草演芸ホール場は、落語や芸人さんを目当てに来ているお客さんの多くで埋め尽くされています。この演芸ホールの歴史を振り返れば明治にさかのぼります。始まりは、映画館だったことをご存知ですか?そこが何故、浅草のお笑いの聖地として有名になったのか、浅草演芸ホールの歴史を振り返りながら、お笑いとのかかわりを見ていきたいと思います。

東京都東区浅草に存在する落語定席

「落語定席」とは、1年中「落語」を聞くことができる演芸場のことをいいます。「落語定席」は都内に4軒あります。浅草演芸ホール場はその1つです。

もともと、浅草演芸ホールの始まりは映画館だった!?

1884年、明治政府が浅草寺境内の土地に「浅草公園」と名づけました。その時、この公園では区画整理が行われ、浅草六区の場所に数多くの見世物小屋が移転しました。これが、浅草が日本最大の娯楽街となった歴史の始まりです。1907年、この場所に三友館という映画館が建てられました。

戦争と浅草演芸ホール

第二次世界大戦の開戦の影響を考えて、三友館が取り壊されました。1945年(昭和20年)の終戦後、戦争の復興が進む中で、住民の間で「再び、浅草に娯楽の街を作ろう!」という動きが出始めました。 浅草演芸ホールの土地を譲り受けた関係者の話によると、終戦後の浅草復興の中、庶民の生活にエンターテイメントを取り入れることを考えました。それが、1951年に浅草演芸ホールが誕生したきっかけです。

ストリップ劇場からお笑いの移行

最初の頃の浅草演芸ホールは、ストリップ劇場として営業をやっていました。ですが、長期的にやっていく中で、お客さんも飽きてきました。そこで、ショーの合間に「コント」や「マジック」などの要素を、お笑いのショーとして取り入れました。 それによって、ストリップから芸人さんを目当てにするお客さんが増えてきました。当時人気だったのが、深見千三郎さん、渥美清さん、萩本欽一さんなどでした。 芸人さんが活躍する事が多くなってきた中で、ストリップ劇場に「お笑い専門の場所を設けようと」という事になりました。こうして、4階にフランス座を作ることになります。これが、浅草の「お笑い文化」の始まりとも言えます。

東京オリンッピクの影響を受ける!?

テレビの普及が進み、テレビで芸人を必要とする時代が訪れました。この時代は、1964年の東京オリンピックの時代とも重なりました。この時代の変化により、芸人の舞台はフランス座からテレビにうつりました。そして、フランス座のスター芸人たちは、高額なお金で次々と引き抜かれました。

この時代に、ビートたけしが誕生

テレビによって、スターが引き抜かれた現場は行き詰まりを見せました。苦しい状況の中で 考えたのが、「落語の寄席」でした。これが、再び人気を博した浅草演芸ホールの始まりです。1階はストリップ場で、4階は落語という状態でした。最初から、この場所に落語のファンがついてはくれませんでした。ですが、落語家の努力の甲斐があり人気が出始めたのです。 1972年に、ビートたけしさんがエレベーターボーイとして、フランス座に入ってきました。深見千三郎さんの弟子となり、ストリップ劇の合間にコントや芸を磨いていました。

世の中の流れの変化

時代は移り変わり、世の中には新鮮で刺激的なものが生み出されるようになりました。踊りをメインとしたストリップ劇場では、お客さんを集客することができなくなりました。 2000年、フランス座の歴史に幕を閉じました。そして、4階を改装して現在の「浅草フランス座演芸場東洋館」が誕生したのです。

まとめ

浅草演芸ホール場の歴史を、浅草のお笑いと合わせてみていきました。演芸ホールとお笑いを同時進行で見ていくと、演芸ホールの人気を支えていたのは、ストリップ・落語だったりします。全体を通して見たときに浅草演芸ホールとお笑いは大きく関係し、そこから数々のスターを誕生させ、時代の影響を受けながら現在の地位を築きました。 浅草地区での不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】まで、ご一報ください。