浅草名物をテイクアウトしよう!



今のご時世もさることながら、テイクアウトは購入してすぐに持ち帰ることができ、自宅などで楽しむことができるグルメですね。お店に入って料理を味わうのもいいですが、自宅などで手軽に味わうことができ、出張族の方ならばホテルに戻ってコンビニなどでビールを買って、千ベロ風に楽しむというのも魅力ですね。今回は、浅草名物をテイクアウトする話をしましょう。

メンチカツも侮れないぞ~浅草メンチ~

今回紹介する浅草メンチは、肉汁もさることながらジューシーな味わいは購入する人を魅了する味で、浅草を訪れるならぜひ味わって欲しい一品です。 伝法院通り店のお店は、週末などを中心に行列ができるほど人気が高く、待ち時間もメンチカツを味わうのに欠かせない要素でもあり、一つのワクワク感を生み出してくれることでしょう。 ・住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3番地3号 ・お問い合わせ先:03-6231-6629 ・交通アクセス:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩4分 ・備考:駐車場無

桃太郎の伝説でおなじみの~浅草きびだんご あづま~

さて、雷門をスタートしてすぐ左側にあるのが浅草きびだんごあづまです。雷門旅館の斜め北側にあり、仲見世通りのスタート地点にあるというわかりやすい位置にお店があり、浅草寺へ向かう際、自然と立ち寄りたくなるという場所にあるのが特徴です。 江戸時代には庶民が楽しめるおやつの一つとして親しまれるようになりました。このお店ではその当時の味を再現したかのような団子を中心に展開しており、5本入りで販売しているため、おやつという意味でも手ごろに楽しめるのは魅力的です。 ・住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目18番地2号 ・お問い合わせ先:03-3843-0190 ・交通アクセス 東京地下鉄銀座線浅草から徒歩2分 東武鉄道伊勢崎線東武浅草から徒歩3分 東京都交通局都営浅草線浅草から徒歩3分 ・備考:駐車場無

のどが渇いたっ!!~フルーツパーラーゴトー~

現在は東京スカイツリーで有名な浅草界隈ですが、それ以前には浅草凌雲閣があり、関東大震災の影響で取り壊されたものの記念碑などがあることから、今でもその歴史は守り続けられ、浅草の人たちにとって凌雲閣は心の中で生きていることを物語っています。 その近くにあるひさご通り商店街にあるのが、フルーツパーラーゴトーで所在地はある芸能事務所が運営元となる浅草九劇の道向かいのため、わかりやすいといえる場所です。基本はフルーツや各種パフェがメインですが、テイクアウトにも対応しています。 その中でおすすめなのがバナナジュースで、濃厚な味で自然の甘さが魅力のこのジュースは、普段なかなか味わうことができないジュースだけに人気を博しています。 ・住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目15番地4号 ・お問い合わせ先:03-3844-6988 ・休業日:毎週水曜日 ・交通アクセス:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩分 ・備考:駐車場無

伝法院通りと浅草寺の近く~おいもやさん興伸~

浅草寺の近くまで来たということは、スカイツリーがよく見える場所が伝法院通りであるわけです。仲見世通りからするならば、ラストの部分に差し掛かってきたということになるでしょう。 おいもやさんは浅草に数店舗展開していますが、今回は伝法院東通店について紹介していきましょう。運営元は川小商店で、芋に関して知識が豊富な芋問屋ならではのノウハウを活かしながら、どのお店にも負けない最高な味を追求しているのが特徴です。 大学芋やスイートポテト、かりんとうなどを中心に販売しており、テイクアウトがしやすく購入後すぐに食べることができるという点でもお勧めなのが大学芋で、種類だけでも小町やさつま、みやびやあずまと4つの味のが楽しめ、蜜の味と芋の風味がうまくマッチしていることで購入される方から大好評です。スカイツリーや浅草寺を見ながら食べると、浅草に来て良かったなと実感できることでしょう。 ・住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目36番地6号 ・お問い合わせ先:03-3843-3886 ・交通アクセス:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩5分 ・備考:駐車場無

まとめ

今回は浅草の名物グルメについて紹介してまいりましたが、いずれも手ごろな値段で味わうことができ、お持ち帰りができるという意味でも、浅草のグルメを愉しみながら散策してみるのも一つの楽しみであるというわけです。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。