浅草地区で平日ランチを楽しむ



浅草の見どころといえば、雷門に浅草寺、それに墨田川などたくさんありますが、空腹に悩むのはお昼前に差し掛かったころでしょう。週末と違い平日は社員や外回りのセールスマンなどもランチを楽しむため、飲食店も盛況です。

レトロな雰囲気が見どころ ~モンブラン(浅草店)~

「モンブラン」はハンバーグがおいしい名店で、浅草寺への玄関口である雷門通りに位置しています。外観はレンガ積みのレトロな雰囲気が漂い、内外装問わず懐かしさを感じることができるお店として、マスコミに取り上げられるほどです。 特徴はやはりハンバーグで、ランチセットを中心に価格は手ごろで、ソースだけでも欧風各種とメキシコ風、それに和風と六種類がセレクトできるため、同じハンバーグでありながらもソース一つで表情が異なるのですから、全種類味わうために何度か通いたくなるほどです。 ・住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目8番地6号 ファミール浅草ビル1階 ・お問合せ先:03-5827-2771 ・営業時間:11:00~20:00 ・休業日:毎週水曜日(祝日の場合、木曜日が代替) ・交通アクセス:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩4分 ・備考:駐車場無

うますぎて申し訳ない話 ~洋食ヨシカミ~

いっぷく横丁沿いにあるヨシカミは、洋食がメインのレストランです。しかし、和風の要素を積極的に取り入れていることから、一部のメニューは和洋折衷の要素を取り入れています。 メインとなるビーフシチューはランチにも最適で、旨味とコクが濃厚となっています。肉の柔らかさはじっくりと煮込んであるため、看板にあるように「うますぎて申し訳ない」レベルの味へと昇華し、昼のランチタイムはビーフシチューだけでなく、オムライスやカツサンドなどいろいろ味わえます。 ・住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目41番地4号 ・お問合せ先:03-3841-1802 ・営業時間:11:30~21:30 ・休業日:毎週木曜日 ・交通アクセス:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩2分 ・備考:駐車場無

ステーキは、意外と高くない ~ステーキハウス松波~

一般的なステーキは高い食べ物だという印象を強く感じますが、ステーキハウス松波はその図式に疑問符を抱き、ランチの値段については2,000円以下に抑えるよう価格設定についても利用しやすいよう配慮されています。 大正か昭和のレトロな雰囲気が漂う外観に対し、シェフが目の前で肉を焼いて調理するのが見どころで、ランチタイムのメニューに関しても例外ではなく、肉は高級でもコストは低く、味に関してはそれ以上のレベルです。リブステーキなど豊富な種類があり、「ステーキは高い食べ物」を払しょくしています。 ・住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目11番地6号 ・お問合せ先:03-3844-3737 ・営業時間 ランチ→11:30~14:00 ディナー→17:00~23:00(土日・祝は22:00まで) ・交通アクセス:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線浅草から徒歩1分 ・備考:駐車場無

まとめ

浅草の平日ランチタイムに最適なお店の特徴は、価格面をいかに低く抑えるかが重要です。特にサラリーマンの方は気軽に利用したくてもコスト面の問題が生じます。予算を明確にしてから利用すると、おいしい味に巡り合えます。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。