家賃収入の手取り額を増やす方法について



金融機関から資金を借りて不動産投資を始めようとしている方は、ローンの返済に加えて、税金や保険料、修繕費などといった支払いのことも頭に入れておく必要があります。今回は家賃収入の手取り額について説明していきます。

家賃収入とは

「家賃収入」とは、所有している物件を第三者に賃貸することで、入居者から家賃を収入として受け取ることです。家賃収入は不動産投資とも呼ばれていて、入居者がいるかぎり、毎月安定した収入を得ることが出来ます。そのため、体力がない方でも長く続けることが可能なことから、人気が出てきています。

家賃収入の手取り額について

家賃収入の手取り額は、毎月賃貸することで得た収入からローンの返済額や経費を差し引き、手元に残った額のことです。これらの物件にかかる費用の支払いがあるので、得た収益が全て残るわけではありませんが、手取り額を増やすには、敷金などの頭金を高く設定する必要があります。

ローンの返済について

不動産投資で一番悩まされるのがローンの返済ではないでしょうか。融資額が多ければ多いほど、利息が増え、大きな負担となってしまいます。ローンの返済額には、物件の購入価格およびローンの利息が含まれています。返済額自体は経費として計上することは出来ませんが、建物の利息に関しては計上することが可能です。

経費について

賃貸物件の経費には、様々な費用が含まれています。例えば、物件の設備メンテナンスをするための管理費・マンションの劣化に備えて担保しておく修繕積立金・火災や地震に備えた損害保険料・退去後のリフォームやクリーニングをするための修繕費などがあります。

不動産投資をする際の税金について

不動産投資を行うには、税金を支払う必要があります。次の様な税金がかかるので、チェックしておいて下さい。得た収入にかかる所得税および住民税、物件の所有者に課税される固定資産税です。

期間短縮型でローン返済した時のメリットとは

家賃収入の手取り額を増やす方法は、最初に説明した「頭金を高めに設定する」という方法以外にもいくつかあります。例えば、「期間短縮型」という返済方法に変更して繰り上げ返済をすることで、ローンの返済を早め、利息を軽減させることが出来ます。何よりもローンを借りる際には、返済に困らない様によく考えてから借りる様にすると良いでしょう。

手取り額を増やす他の方法について

築年数が古い物件の場合は、リノベーションやリフォームを行い、物件の価値を上げることで家賃収入を増やすことができ、さらに手取り額もアップさせることが出来るので一石二鳥となります。 また、ワンルームを購入し賃貸することで、入居者が途切れることなく決まりやすくなります。なぜなら、ワンルームは就職・進学で引っ越しする機会が多い単身者が入居する確率が多いからです。

まとめ

家賃収入の手取り額を増やすためには、リノベーションで物件の価値を上げたり、頭金を高めに設定したり、ローンを繰り上げ返済すると良いでしょう。また、無理なくローンの返済が行える様に、ローンを借りる際にはよく考えてから行動して下さい。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。