家賃収入でのローン返済



アパート・マンションのオーナーになれば、その家賃収入を得ることで、生計を立てる事も可能です。しかし、アパート・マンションの建設には高額な費用が掛かります。そこで、その建設費用のローンを家賃収入で支払うという事も検討してみましょう。今回は家賃収入でのローン返済について考えていきます。

マンション・アパートのオーナーになる

マンション等の家賃収入を得るという事は、大家さんになるという事です。その規模にもよりますが、規模が大きければ中に入る部屋数も多くなり、それだけ家賃収入が多くなるという事に繋がります。

しかし規模の大きな建物を建てるには、その費用も比例して大きなものになります。費用をどう調達するかという問題が、大家さんになるという事の一番大きな壁として立ちはだかります。

規模の大きなマンションの建設には数億円規模の投資になりますが、比較的規模の小さなマンション建設ですと数千万円で収まるようです。勿論一括で支払いが出来れば、その後の家賃収入は経費を除いたものが全て収益となります。

しかし、銀行などからのローンの借り入れで物件を建設した場合、返済はその家賃収入からしていく事になります。家賃収入が順調に計画通りに得られるのであれば、ローン返済も安定して行えます。

そのために行なわなければならない事は、建設する前の段階での詳しいリサーチと計算です。これらが重要になってくることは、至極当然な事になります。どの場所にどれくらいの規模で幾らの費用で建設するかの計算を綿密に行なわなければならない事は、ご理解いただける事と思います。

どこに・どの規模で・幾らの費用で建設するのか?

土地も購入するのか、それとも建物だけを建設するかにもよりますが、個々のケース毎に違ってくるのは当たりまえの事です。もし土地を既にお持ちの場合は、銀行からの借り入れも少なく、返済も楽なものになるでしょう。

もし都市部に土地をお持ちの場合なら、銀行からの借り入れも、より良い条件で借り入れることが可能だと思われます。地方でも立地環境が良ければ、良い条件で借り入れが可能となるでしょう。

土地も購入しなければならない場合は、その額は大きなものになることは間違いありません。しかし、立地条件にもよりますが可能性として、返済と収入を両立することは決して不可能ではありません。

新築で物件を立てるという方法以外に、既にある物件を購入するという方法もあります。これは新築物件を立てるよりも少ない予算で、大家さんになる事が出来る方法です。中古物件であっても優良物件であれば、十分に返済も収入も安定して得ることは可能です。

いずれにせよ、入居者が多く空き部屋のない物件を目指さなければならないのは、どの様な条件でオーナーになっても、重要な事になることは間違いありません。

まとめ

新築物件を建設するにしても、中古物件を購入するにせよ、重要なことはローン返済でき収入も得る事が出来るという事です。大家さんになるという事は、リスクを取って不動産に投資するという事に他なりません。投資である以上、常にリスクもあることを理解しましょう。

不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。