家賃収入を実現するには元手はいくら必要?



家賃収入は、毎月の現金収入を得る方法です。今や不動産投資ブームで、多くの人が不動産投資に興味を持っています。最近では、サラリーマンも副収入を得る事が可能になった為です。では、家賃収入を実現するには元手はいくら必要なのかを紹介しましょう。

家賃収入とは

アパートやマンションを、人に貸す事で毎月の家賃収入を得る事です。そのためには、家賃収入を得る物件を購入する事から始まります。物件を、現金で購入するには、あまりにも高額な為に、ほとんどの人は、金融機関から融資を受けて購入する事になります。 「アパート・ローン」や「不動産投資ローン」と呼ばれています。マイホームの購入の場合は住宅ローンとなり、金利の関係で別の融資に分けています。住宅ローンの方が、金利が安いのですが、事業用の目的には利用できない為です。アパートやマンションを手に入れるには、自分で貯める事や親戚から借りるなどして用意した「自己資金」と、「融資資金」で購入する事です。

元手はいくら必要でしょうか

元手とは、自己資金の事を意味します。自己資金がいくらあれば、家賃収入が見込める不動産物件を購入できるのでしょうか。一般的には、不動産購入価格の20%から30%の間で行っています。しかし、最近では、「元手ゼロ」で融資を受ける事ができます。結果的には、元手は「ゼロから30%」位という事でしょう。 勿論、現金で一括購入する事も可能ですが、あまり現実的とはいえません。家賃収入を得る事は、不動産所得は事業として認められています。事業には、継続する為の費用が必要です。管理や修繕の為の必要経費(ランニングコスト)が必要です。

「元手ゼロ」のリスク

自己資金としての資産がない状態で、不動産を購入できるのはありがたい事ですが、それなりのリスクを負わなければなりません。低金利やマイナス金利で、金融機関は個人の投資家に狙いを定めたのが、この「元手ゼロ=自己資金ゼロ」の融資なのです。 最初に紹介したように、家賃収入の為の管理や修繕には必要経費が必要になってきます。元手を使わずに、万一の場合に残しておく必要があります。しかし、その分の融資の金利が高くなります。 自己資金がある場合とゼロの場合では、金利に差が付きます。長期に渡るローンの場合には、大きな差額が出る事と不動産投資における「利回り」と「金利」の差が小さいと、収入よりもローンの返済額が上回る事になってしまいます。20年や30年後におけるシミュレーションが必要で、失敗しない為にも慎重に検討すべきなのです。

物件の収益性と金利の関係

不動産物件を購入するに際して、金利は安いにこした事がないのです。家賃収入を成功させるには、低金利は願ってもない事です。

入居率の実績と金利

金融機関は、「投資物件の収益性が高い」事が、融資のリスクを減らす事になるので、資産の少ない個人であっても、金利が低くなる場合がありますが、多くの場合は資産家である富裕層の方が、リスクは少ないので金利が低い傾向にあります。

物件選びが重要

元手が少ないのであれば、失敗はしたくないはずです。そうならない為にも、物件選びが重要なポイントになります。以下の物件は、収益性が高いので金利が安くなる可能性があり、ひいては、元手が少なくても実行が可能になってくるのです。 1-区分マンションの購入 マンションの1部屋を購入する場合には、交通や生活の利便性が重要です。駅の傍や繁華街の近くなど、需要が高い物件が間違いのない物件です。その分高めの購入額になりますが、確実に収入が得られる事と、高額で売却できる可能性があるからです。 2-アパートやマンションの一棟の購入 部屋数が多いので、その分の収入が多く見込める事です。満室になる事がなくても、入居率が高ければ収入が安定する事につながります。

まとめ

家賃収入を実現するには元手はいくら必要なのかは、購入物件の対象によって異なりますが、収益性の高い物件であれば、元手は少なくても十分に可能です。注意したいのが、管理面での必要経費を確保する事です。収益性の高い物件を選ぶ為には、普段から情報収集を行なって、投資すべきかどうかシミュレーションも必要です。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。