相続における被相続人と相続人の関係と財産割合



知っているようで、意外と知らない相続人と被相続人の関係です。今回は、相続における被相続人と相続人の関係と財産割合について紹介します。

相続人と被相続人の意味

被相続人は、財産を所有していた場合に、相続が発生する立場の亡くなった人の事です。相続人は、その人の財産を受け継ぐ権利を持っている人の事を表します。被相続人に家族がいた場合には、配偶者が優先的に相続の権利を持っています。相続の形式には、「遺言状」による相続人を指定した方法と、「法定相続人」による民法で定められた相続の方法があります。

相続対象は権利と義務

金銭や不動産、美術品や有価証券などや、権利やその人の借金などや住宅ローンなどの負債も該当します。

遺産相続には、本人の意思を尊重する

民法では、「相続人の対象」や「遺産相続の割合」「遺産相続の分配の方法」について定めています。相続する財産には、被相続人が生前に培った財産や権利なので、本人の意思に沿うべく相続される事が望まれています。 1-遺言書による相続 故人によって作成された相続人の指定や相続の方法による事が、明確にされている場合に、それに従う必要があります。ただし、被相続人に対しての暴力や大きな侮辱、その他の目に余る行為は、相続の排除にあたる事由となりますので、相続の権利がはく奪される事柄もあるので注意したいです。 2-遺贈による相続 相続人以外の人が、財産を贈与される場合には遺贈と言います。又、相続人も遺贈の対象になります。 3-生前贈与 被相続人が生きている間に、自分の意志で贈与する事ができるので、確実に財産を渡す効果があります。他人にも贈与をする事ができます。 4-法廷相続人による相続 法定相続人は、相続する場合の優先順位や相続の割合を定めています。配偶者がいる場合は、優先して財産の半分以上を受け取る事ができます。配偶者以外には該当する相続人の順位の指定や、配分の指定を定めています。

法定相続人の順位

・配偶者は、1/2以上の権利を持っています。 ・1番目の直系卑属は、子供の人数で分配しますが、該当者が死亡の時は、その人の子供(孫にあたる)に引き継がれます。孫も死亡の場合は、その人の子供(ひ孫にあたる)など、直系の子供へ引き継がれていきます。配分は配偶者が1/2で、1/2を子供の人数で分配します。 ・2番目の直系尊属は、直系卑属がいない場合に被相続人の父母にあたります。死亡の場合には祖父母や曽祖父母などの、直系の親世代に引き継いでいきます。配分は配偶者が2/3で、父母が1/3を分けます。 ・3番目には、直系卑属や直系尊属がいない場合には、兄弟や姉妹が該当します。該当者が死亡の時は、甥や姪が引き継ぎますが、それ以降の代襲相続の権利はありません。配偶者の配分は、3/4で、兄弟たちは1/4を分配します。

遺留分について

遺言書の効果があっても、遺留分に関しては無くならないとしています。この場合には、被相続人の兄弟たち(3番目の法定相続人)には、遺留分の権利はありません。もし、遺留分の請求があった場合の割合を紹介します。遺言による指定された人が全財産を受け継ぐとした場合でも、遺留分が認められた場合には、遺言状による権利が1/2や2/3までとなり以下は法定相続人の配分です。 1-直系尊属のみの場合は、遺言指定者が2/3を有し、遺留分は1/3が分けられます。 2-それ以外の相続人1/2を分配し、残り1/2は遺言指定者に渡ります。 ・子供のみ1/2 ・配偶者のみ1/2 ・配偶者1/4と子供1/4 ・配偶者1/4と直系尊属1/4

まとめ

相続における被相続人と相続人の関係と財産割合について紹介しました。相続の種類や方法によって、遺言状は尊重されていますが、絶対ではないと言う事です。不動産の処理にお困りの場合には、是非、ご連絡ください。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。