相続の第一位順位とは誰のこと?



遺産相続の問題が発生した場合には、民法で定められた相続人の範囲・法定相続人とその相続割合・法定相続分が存在します。では、相続の第一位順位は、誰が該当するのでしょうか?状況によって違ってくるのかなどもあわせて見ていきましょう。

「相続の第一順位」条件

まず、相続は亡くなった方の「配偶者」は、必ず相続することになることになります。それ以外の順番を表すのが「相続順位」となります。

「最優先順位」

〇「配偶者」はもちろんのこと、それ以外の順位には被相続人(財産を残した人)の「こども」が「第一位順位」の権利を持ちます。 〇「配偶者」が離婚している場合には権利がありませんが、離婚して別居していて、籍を抜いていても、その「こども」の相続の権利はなくなりません。例えば、まだ産まれていない「胎児」であっても相続が認められます。 〇「配偶者」の連れ子の場合、「養子縁組」している場合に限り相続(基本的に血縁関係がなければならない)が認められます。 〇すでに、その「こども」が亡くなっていた場合は、その「こども」の子(孫)が相続することになり、これを「代襲相続」といいます。

その他の場合

まず、被相続人(財産を残した人)の後の世代(こどもや孫)ことを、「直系卑属」といいます。また、被相続人(財産を残した人)よりも先の世代(父母や祖母)のことを「直系尊属」といいます。順位としては、「直系卑属」、「直系尊属」、「被相続人の兄弟姉妹」となります。 「第一位順位」の「直系卑属」がいない場合は、次の「直系尊属」が、またそれもいない場合は、「被相続人の兄弟姉妹」がという風に順位が変わっていきます。

相続の割合

相続する人数によって、金額も割合も変わってきます。 【配偶者だけの場合】 すべてを相続することができます。 〇「配偶者」と「第一順位」 ・「配偶者」 財産の半分(1 / 2)を相続することができる ・「第一順位」 財産の半分(1 / 2)を相続することができる(子の人数で分ける) 〇「配偶者」と「第二順位」  ・「配偶者」 (2 / 3)を相続することができる ・「第二順位」 (1/3)を相続することができる(父母で分ける) 〇「配偶者」と「第三順位」 ・「配偶者」 (3 / 4)を相続することができる ・「第三順位」 (1 / 4)を相続することができる(兄弟で分ける)

まとめ

相続の順位は、該当する人が亡くなった場合に限らず、「相続の放棄」をした場合にも順位が変わってきます。その他にも、相続人の権利を「廃除」されたり「遺言書」によって順位に関係なく、相続人が決定されることもあります。いろいろなパターンが存在するため、その状況によって配分の金額も変わります。上記での説明はあくまで、原則としての順位となりますので、個々の状況によって専門の方に相談されるのが得策かもしれません。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。