不動産売却でよく耳にする利回りの意味を知ろう



不動産売却での利回りとは、どのようなものなのか?判断基準として、どこまで使えるのか?高いほど良いのか?など、利回りについての疑問点について説明していきましょう。

「そもそも利回りとは何か?」

そもそも利回りとは、物件を購入する費用に対しての年間の家賃収入などの割合のことをいい、その物件の収益力を計るものとして使用されています。物件を購入して賃貸に出した際に、購入金額に対して年間の家賃収入が、どれだけ入ってくるかということを表すのが利回りです。

「利回り①」

1つ目の「利回り」は、「表面利回り」です。物件の収益性を表すもので、数字が高いほど収益性が期待できる可能性があることを指しています。例えば、物件を購入する際に不動産会社やサイトの物件紹介などの広告などをチェックすると思いますが、広告に記載されている利回りは、一般的にこの「表面利回り」が使用されています。 【算式】  「年間収益(家賃収入)」 ÷  「物件の価格」 × 100  = 「表面利回り」(%)

「利回り②」

2つ目の「利回り」は、「実質利回り」です。1年間にかかる管理費、修繕積立、固定資産税やその他の税金などの経費です。また、購入時の経費として仲介手数料、登記、印紙、取得税などの費用を年間収益から差引いた利益を算式で出したものです。物件の正確な収益力を計るには現実的な方法といえるでしょう。 【算式】 (年間収益-年間諸経費) ÷ (物件の価格+購入時の諸経費)× 100=「実質利回り」(%)

「利回り③」

3つ目の「利回り」は、「想定利回り」です。これは、物件の年間収入を満室として予想したものです。これも、広告などに記載されていることが多いようです。収入の基準となる家賃も物件内の最高金額で判断されていることが多々あります。 【算式】  「年間収益(家賃収入)」 ÷  「物件の価格」 = 「想定利回り」

「不動産売却時のポイント」

不動産投資をする場合にチェックするのは、やはり家賃収入でしょう。そうなると、どうしても利回りが高い方に目がいきます。では、売却する際に何をすれば良いのでしょうか?賃貸しながら高い利回りを維持した状態で売却することが、成功のポイントとなります。 利回りが低めな場合は、売却に時間がかかることもあるため、賃貸中に利回りを上げておく必要があります。例えば、サブリーズ契約をしている場合など、利回りが下がっていることがあるので、売却前に契約を解除すれば高くなる可能性があります。 また、物件の売却にはタイミングがとても重要になってきます。不動産の価格は変動があるため、高い取引がされているときに売却することが、最終的に投資効率があがります。

まとめ

不動産の売却で収益をあげるために大切なことは、信頼のできる専門の業者(不動産会社)を見つけること。所有している物件の近辺の物件を多数もっている不動産会社などに、売却のタイミングなどを相談しておくのもいいかもしれません。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】まで、ご一報ください。