離婚した後の子供の相続権について



近年は、長年連れ添った夫婦が別れる、いわゆる熟年離婚が増加をしています。離婚しても夫の合意があれば妻は年金の半分を得られることから、年金がもらえるタイミングで離婚を切り出す妻もいるようです。離婚後に何か影響が出るかという不安のひとつに、子供のことが考えられます。こちらでは、離婚後の子供の相続権についてまとめてみました。

離婚した親権者ではない親の遺産は相続できる?

離婚をすると、子供の親権者ではない親の財産を、相続することはできるのでしょうか。では、まずは「親権者」についてご説明しましょう。 親権者とは、子供の監護及び財産管理について権限(親権)を有する者のことで、未成年者の子供がいる夫婦が離婚する場合は、どちらかを親権者としなければなりません。 親権とは、未成年者の財産を管理する権利(財産管理権)と、未成年者の監護・養育する権利(身上監護権)からなっています。このように親権は、あくまで未成年者の心身の未熟さを保護して、未成年者の健全な発育を促すための権利となります。 一方、民法の定める相続制度において、被相続人の財産は、血縁者である子供や親、兄弟などに受け継がせようという趣旨に基づいており、親権と相続制度はまったく異なります。 そのようなことから、親権がどちらにあったとしても、基本、関係のない話しとなり、子供は、親の相続人になるのです。

離婚した親の代襲相続はできる?

代襲相続とは、本来の相続人に代わって相続する人のことをいいます。相続の場面では、本来相続人となるべき人がすでに死亡していたり、その他の原因によって相続人になれない場合もあります。 このような場合は、本来相続人となるべき人が相続する権利・義務をその子供や孫が継承することになるのです。 さて、離婚した親がすでに亡くなっていて、その後その親の親である祖父母が亡くなった場合、孫に当たる子供が代襲相続できるのでしょうか。 答えは、代襲相続できます。法定相続分も、離婚していない場合の子供とまったく変わりはありません。

親の再婚相手の養子になったら?

養子縁組をしますと、養親との間に法律上の親子関係が生じます。これにより、養子は養親の遺産を相続する権利を持つことになります。法律上、養親の実の子供と養子とで、相続分に差が出ることはありません。 そして、養子が養親の遺産を相続する権利を持ったからといって、養子とその実父母との間の親子関係が切れるわけではなく、養子はその実父母に対しても、相続権をそのまま持ち続けているので、離婚をしたからといっても、子供の相続権は無くなりません。

まとめ

離婚によって夫婦は縁を切ることができても、子供はそうはいきません。名字や戸籍が変わっても、遺産相続の権限は子供に残されることになります。万が一の時に、大切な家族が困ることのないよう、相続について一度整理しておくことをおすすめします。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。