安定した家賃収入を得る方法について



近年、普通のサラリーマンが副業で不動産投資を始めるケースが増えています。本業以外の収入源を持つことは今後の社会では重要になってくることでしょう。ですが、しっかりとした知識がなければ安定した家賃収入を得るのは難しいでしょう。この記事では安定した家賃収入を得るための概要を紹介したいと思います。

家賃収入と不動産所得

違いについては以下の通りです。 家賃収入=マンション・アパートなどの賃貸経営での売上。 不動産所得=家賃収入-家賃収入を得るためにかかった経費。 (家賃収入には、家賃、共益費、賃貸借契約の更新料、礼金、保証金も含まれます) 経費計上できるものを以下にまとめました。 〇税金:固定資産税、都市計画税、不動産取得税、収入印紙代 〇保険:火災保険、地震保険 〇業務委託料:不動産管理会社への支払い 〇税理士・司法書士への支払い:確定申告、登記手続き 〇減価償却費 〇修繕費 〇ローン金利 安定した賃貸経営をするには、売上だけでなく、経費を差し引いた上で手元にいくら残るかというキャッシュフローが重要になってきます。

家賃収入を得るための方法(流れ)

◯物件入手:まず、アパート・マンションの購入(または建築)。 ◯賃貸開始:入居者の募集。入居者募集から入居・退去手続き、物件管理まで全てを管理会社に委託する事も可能。 ◯家賃入金:管理会社に委託している場合は、管理料・手数料が差し引かれた分がオーナー様の収入。 ※家賃収入には確定申告が必要になります。ただし本業で年末調整があり、家賃収入が年20万円以下の場合はこの限りではありません。確定申告をする場合、白色申告か青色申告になりますが、青色申告には複雑な帳簿付けがあります。しかし、青色申告を選択すると様々な特典を利用した節税対策が可能になります。

家賃収入を増やすポイント

安定した賃貸経営を継続するには、家賃収入を増やすポイントを抑えることが重要です。 ①物件の購入価格 不動産相場には価格の変動があります。当然、安い時期に買うのがお得です。不動産相場に興味を持ち観察しておくことをお勧めします。また、立地や設備なども十分に考慮しましょう。 ②空室対策 空室期間が長引かないよう、敷金・礼金を下げるなどや、フリーレント期間を設けましょう。 ③物件管理 物件の掃除や修繕など、資産価値の維持に配慮しましょう。

まとめ

安定した家賃収入を得る方法として、いかに手元に資金を残すかということが重要になってきます。そのために必要なものは十分な知識といえるでしょう。いかに安く物件を手に入れるか?節税のためにいかに制度を利用するか?また資産価値を落とさない工夫も必要になることでしょう。専門業者に相談するのも一つの手段だといえます。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。