兄弟姉妹間で土地を相続する場合の分け方について



両親がいずれとも亡くなり、その遺産を法定相続することになった場合、子に当たる兄弟姉妹同士で遺産を分けることになります。仮に、遺産が土地のみで、これを複数の子で分与することになった際、どのような相続の仕方があるでしょうか。見ていきたいと思います。

法定相続とは

被相続人に相当する故人の意志が遺言によって示されていない限り、遺産は相続人の間で法的に定められた割合に準じて分与されることになります。それが法定相続です。故人に配偶者がいれば、そちらが優先的に多くの遺産を引き継ぐことになります。 故人と配偶者との間に子があれば、配偶者と子で遺産を分け合います。この場合、配偶者は遺産の半分を受け取り、残りの半分を子同士が均等割りすることになります。子がない場合、代わって故人の親または直系尊属が相続人となります。 その場合の遺産の分与割合は配偶者2/3、直系尊属側1/3です。子がなく直系尊属も全て存命していない場合には、故人の兄弟姉妹が相続人となり、遺産分与は配偶者3/4、故人の兄弟姉妹が残る1/4を均等割りすることとなります。 配偶者が故人に先立って死去しているなどの理由で不在となっている場合には、残る相続人で遺産の全てを均等に分割するよう定められています。片親の死去により相続が発生し子複数人が相続人となるケースがこれに相当します。

相続した土地の分け方

遺産が土地のみで、子同士がこれを法定相続した場合、具体的には以下の4つの引き継ぎ方に分かれることとなります

共有

1つの土地について相続人が共有名義人となる方法です。土地に関する権利すなわち持ち分を、法定相続分に従い均等に保有することとなります。その土地が相続発生以前から賃貸借などによって資産運用されている場合、その収入も持ち分に応じて配分されることになります。 このような共有名義の土地について、売却や新たな運用などを行う際には、共有名義人全員の同意が必要です。年月が経過して持ち分が下の世代へ引き継がれるようになると、共有名義人の数が膨大となり、売却および運用が難しくなるでしょう。 将来におけるトラブルの要因になりかねないため、早々に改善すべき所有形式とされています。

分筆

相続に併せて、土地を相続人ごとに分割し、相続人1人1人が個別に土地を所有する方法です。手順としては、測量によって境界を確定させた後、その測量図に基づいて遺産分割協議を行い、その決定内容に沿って分筆登記を行う、といった流れとなります。 分筆登記完了まで時間が掛かり、ともすれば相続税申告期限に当たる相続発生後10カ月以内に間に合わないかもしれません。ですが、被相続人生前の段階で境界確定測量を行うことも可能なため、それを利用することにより相続発生後の手続きをスムーズに済ませることができます。

代償分割

土地全体を1人が相続し、土地相続者が他の相続人に相続相応分の代償金を支払う方法です。公平な相続を行うには遺産分割協議を行い、土地評価額に準じた代償金額を定めることが重要です。 土地相続者には、自己資産から代償金を捻出しなければならないなど負担が生じることとなります。しかし、先祖代々受け継がれている由緒ある土地など、そのまま次世代へと引き継ぎたい遺産には有効な方法と言えるでしょう。

換価分割

相続に伴って土地を処分し、その売却額を兄弟姉妹で均等分けする方法です。遺産を平等に分けるという観点に立てば、最も不平等感のない手段と言えるでしょう。

まとめ

以上のように、故人の子が法定相続に則って土地の相続を均等に行う場合、土地の共有、土地の分筆、代償分割、換価分割の4通りの方法があることを確認いたしました。将来に禍根が残らないよう、兄弟姉妹が充分に協議を重ね、適切な方法を選び出すことが重要と言えるでしょう。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。