家賃収入を得た際に必要となる帳簿



不動産投資で家賃収入を得ると確定申告が必要になります。全く帳簿を付けた事が無い人には難しく感じる部分があると思います。今回は家賃収入を得た場合の帳簿の付け方と青色申告について解説します。

青色申告をしてみよう

この項では青色申告について解説していきます。青色申告承認申請書を税務署に提出し、帳簿(簡易帳簿)を付ける事で、確定申告の際に青色申告の特別控除10万円控除を受ける事が出来ます。事業規模の場合は、複式簿記となり、55万円あるいは65万円の特別控除があります。 開業後2ケ月以内に税務署へ青色申告の承認の申請を行うことで、青色申告できます。是非申告しましょう。

帳簿とはどういう物?

帳簿とは、いつ・何を・何勘定で・何目的で・幾ら使ったのかを、またその累計額が幾らなのかを記帳する物です。紙のノートに書いてもパソコンの表計算ソフトで作っても構いません。 ※以下は、青色申告者の簡易簿記での記帳によるものです。

家賃収入帳への記帳

家賃収入帳は賃貸住宅を経営する上で最も基本となる帳簿です。賃貸料・礼金・更新料・共益費を記帳する物です。入退室に際しては日割り計算して細かく記載する必要があります。注意するべき点としては、家賃未収が生じた場合も、賃貸料として計上する必要がある事と、敷金は預り金として収入には計上しないという事が挙げられます。

経費帳への記帳

勘定毎に1年分の集計が出来る様に記帳する必要があります。 注意点としては、計上できるのはあくまで事業に関わる出費だけですので、個人の生活費などを計上してはいけません。

現金出納帳への記帳

手元にある現金の金額を記帳します。 個人事業主の場合、事業用の資金が足りなくなった場合に個人の財産から補充する事もあるかと思います。その場合は「事業主借」という勘定を使います。逆に個人の生活費などに事業用の資金を使った場合は「事業主貸」という勘定科目で記帳します。 「事業主借」の例としては下記の様な物があります。 ・預金利息 ・国税還付金 「事業主貸」の例としては下記の様な物があります。 ・所得税 ・住民税 ・国民健康保険料 ・生活費(事業主の給料) また、注意点としては、預貯金は現金とは分ける必要があるという事が挙げられます。現金を口座に預入した際は、預入によって現金が減った旨記帳する形になります。

領収書は保管する必要がある

帳簿を記帳する必要がある事は前項で述べましたが、記帳したからと言って領収書を破棄して良いわけではありません。帳簿の正確性を示すために必要になります。 帳簿類には保存期間が決められています。 ・帳簿、決算関係書 7年 ・現金預金取引関係 7年 ※(前々年分の所得が300万円以下の場合は5年) ・その他の書類   5年

青色申告会という味方がいる

ここまで読んだだけでは帳簿の付け方がわからないと言う方がほとんどだと思います。市販の教本で独学するのも一つの方法ですが、全国にある青色申告会を利用する事も検討してみてはいかがでしょうか?利用には入会金・年会費のほか、記帳指導料などの料金がかかりますが、青色申告をしたい個人事業主の強い味方になってくれます。 およその料金相場としては、 ・入会金:2,000円前後 ・会 費:月額1,000~2,000円前後 詳しくは入会前にお住まいの地域にある青色申告会の公式サイトで確認して下さい。

まとめ

青色申告する上での各帳簿の役割と青色申告会の存在についてお伝えしました。制度を知り、よく理解して活用する事で上手に不動産経営をしていきましょう。これから不動産経営を始めたいが何から手を付けて良いかわからないという方は、経験豊かな不動産会社に相談するのも大切です。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報下さい。