不動産を売却したときの代金受取の流れ



不動産を売却したときの一番の関心事項は、何といっても入金がいつ行われるかでしょう。急ぎでなければ問題ないのですが、不動産売却をするには、目的や使い道があると思われます。その予定のためには、売る時期を考えることができるので、入金の時期を知りたいものです。

■不動産売却から代金受取までの流れ

不動産を売却すると決めたならば、全体の流れを把握することです。まず最初にやることは、不動産会社を利用するための「媒介契約」を行うことから始めます。 ①「媒介契約」には、種類がある。 「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類から選び売却するまでの手助けをしてもらいます。 ②売り出す物件の広告 購入者を募るために、いろいろな広告媒体や独自のマーケットなどにより買主を集めます。 ③購入者との売買交渉 購入希望者との値段交渉を行いお互いが納得すれば契約に至ります。 ④購入者との売買契約を行う。(手付金の支払いが行われる。) 契約内容をしっかりと確認し購入後のトラブルを避けるための契約事項の説明を義務として行います。 ⑤購入者はローン融資の申し込みをする。 契約が結ばれると買主は、金融機関へのローンの融資を申し込みます。 ⑥融資の調整と引き渡しまでの決定 売主と、買主、金融機関が融資の時期と引き渡しの日取りを決める話し合いを行います。 ⑦決済と引き渡しで完了する。 不動産の売買代金を受け取ってから所有権の移転を完了してカギと物件の引き渡しを行います。

■手付金と代金支払いまでに注意する点

不動産の売買契約が行われる前に、「手付金」が支払われることになります。売買契約に記載するために、条件の話し合いによって決められます。 一般的な値段としては売買金額の10%位を目安としています。この代金は、購入者が金融機関の融資を決定するまでの「仮押さえ」のような意味合いですので、支払いが決定さるまでは保管しておきましょう。融資が決まらなければ、「手付金」を返済することになるからです。 ◎融資決定までの準備期間 購入者が融資の決定を承認されるまでに1か月位は猶予が必要です、売主もあらかじめその仕組みを理解しておくべきです。 ◎現金のみでの取引の場合 前もってわかっていれば現金で全額を、売買契約と同時に支払うことで、売主はすみやかに所有権の移転の手続きを行って、それが完了次第に、不動産の受け渡しを行うことになります。早ければ契約完了と全額支払い、所有権の移転が1~2日で完了することになります。 ◎「中間金」の注意点 「中間金」は、売買契約後に早めに代金を受け取るためのやり取りです。住宅ローンを利用する場合では、金融機関の融資方法の承認などによって、支払い時期や承認時期が異なるために、ほとんどが「中間金」の実行は行われていないようです。 ◎仲介手数料の支払いも確認 仲介手数料の支払いは、不動産会社への売買契約がなされた手数料です。支払いの時期は、「売買契約時」に手数料の半額を支払って、売買代金の残金が支払われたら、残りの手数料の支払いを行います。

■まとめ

「手付金」と「売買代金の残金」に分けられているように、代金の入金時期は、「売買契約」と「金融機関の融資決定」が関係してきます。現金で即決は限られたものですので、ローンの承認決定の期間によって売買代金の受け取り時期が変わるので注意したいものです。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には「日本不動産」にご相談ください。