不動産相続の分割が面倒な理由とは



遺産を引き継ぐ人が1人しか存在しないのであれば、相続は難しいことではありません。仮に2名以上いる場合でも、現金や有価証券といった資産であれば、分割することもそう難しくはないでしょう。ただし、不動産だと話しがややこしくなってきます。

不動産資産の分割が難しいワケ

遺産相続において、不動産資産の難しくなる理由は以下のようなことが上げられます。

土地の分割が困難

土地の分割は比較的分けやすいような気もしますが、土地の場合その分割した面積だけではなく、分割後の土地が使いやすいか否かでも、その価値が変わってきます。 例えば、分割した土地全てが道路に面するとは限りませんし、角地であったり土地の形状によってもその価値が変わってきます。相続における分割は、基本的に法律が定められた均等割りがベースになるため、そもそも等しい価値の土地として分割することが難しいというわけです。

建物の分割が困難

例えば、一戸建て住宅の場合、複数の相続人がそこに住み続けるのであれば、あえて遺産分割することもないでしょう。 ただし、それぞれが別の住まいで生活をしているなどの場合、相続物件で暮らしていない相続人にとっては、結果として相続したはずの財産からの利益を得ていないため、トラブルに発展することも珍しくありません。 では、複数の部屋を持った一棟建てのマンション等であればどうかというと、こちらを遺産として分割するのは容易ではありません。 高層マンションにおいては、より高い階の資産価値が高くなる傾向があります。高層階ほど部屋数は少ないことも珍しくないため、分割は困難を極めます。 仮に賃貸として運営する場合でも、その収益の分割はもちろんですが、維持管理コスト等といった管理負担の分割といった問題も出てきます。

不動産の相続の合理的な解決手段

このように困難を極める不動産の分割相続を、トラブルなくスムーズに行うための解決策として、相続人全ての同意を取り付けたうえでの、不動産売却を検討していきましょう。以下のようなメリットが確実にあります。

売却メリット①:未来のリスクを排除

不動産価値は時間と共に増減するものです。過去の価値を知ることはできても、未来の価値を推し量ることは容易ではありません。また、所有し続けることは、不動産価値が低下するといった、未来の見えないリスクも背負うことになります。 相続遺産を分割するためには、未来ではなく「今」の価値を十分に把握して分割することが重要というわけです。

売却メリット②:現金よる管轄の平等性を担保

不動産売却での分割相続最大のメリットは、現金化による分割の平等性・透明性が格段に高くなる点にあります。相続において親族間で大きなトラブルに繋がるのは、公平な分割が行われていないケースで発生します。 相続した遺産が不動産の場合、所有したままでの分割が難しいことは、既に述べましたが、これを現金化するだけで、こういったトラブルの目を摘むことができるというわけです。 浅草地区での不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】まで、ご一報ください。