スムーズな土地売却とは?



土地を売却するには、手続きや契約方法・価格の設定など複雑で分かりにくい部分も存在します。一般の方で、はじめて土地を売却するのであれば、なおさら困難なことと思います。今回は、土地売却の流れやおさえておきたいポイントをみていきましょう。

土地売却をスムーズにおこなうためのポイント

土地売却をお考えの方が個人で売却をしようと思うと、様々な手続きや買い手を探すための時間と労力がかかるものです。そこで信頼のある不動産会社に仲介をお願いすることで、土地売却がスムーズにいくことでしょう。

不動産会社を選ぶポイント

不動産会社を選ぶ際におさえておきたいポイントを下記に紹介しましょう。 1.不動産会社は、複数社をまわってから決めましょう。 2.見積と査定書をもらい、1社ではなく複数からとりましょう。 3.時期によって査定額は変わりますので、その都度「見積書」と「査定書」をもらいましょう。

土地売却の流れ

土地を売却する際の流れを、はじめての方でも分りやすいように説明していきます。 【1.まずは、土地の相場を調べましょう】 売りたい土地の価格を知るために、参考になるのが国土交通省や税務署が公表している「公示地価」と「実勢価格」です。インターネットに検索ページがあります。情報は誰でもみることができ、おおよその土地の相場を知ることができます。 【2.不動産会社を選択しましょう】 業者でないかぎり、はじめて土地を売却する方が多いことでしょう。不動産会社を仲介して売りに出すのが一般的です。ここで重要なのが良い不動産会社選びとなります。 土地売却をスムーズにトラブルなくおこなうためであったり、あとで後悔しないためにもいくつもの会社に見積もりや査定を依頼し、できるだけ高く売却してくれる不動産会社を選びましょう。 【3.土地の売り出し】 不動産会社が決まり媒介契約をすませたら、いよいよ土地の売り出しが始まります。不動産会社は、買い手を求めてチラシ作成をしたりホームページに広告を出したりして買い手を探します。 【4.売れたあとの決済と引き渡し】 土地の売却決定後、売買代金の払い込みの確認ができたら引き渡しとなります。 事前に注意したいことは、不動産会社を選ぶときなどに土地の価格相場を把握することです。そうすることで、不動産会社が売却したい土地の査定が妥当な価格なのか判断ができるだけでなく、売りだすときの価格設定の基準となりますので重要なポイントとなります。 また、翌年の確定申告も忘れず手続きしましょう。土地を売却して利益がでた場合は、譲渡所得税が発生しますが、損失が出た場合は損失を翌年に繰り越すことができますので、特例を利用するために確定申告は是非おこないましょう。

まとめ

土地を売却することは、一生の内で何度もあることではないと思います。だからこそ、土地の相場を把握して、できるだけ高く売却できるようにしたいものです。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。