姪甥にのみ相続できる条件と不動産の取り扱い



伯父や伯母などが亡くなった場合に、姪や甥が相続人となる稀なケースも増えてきます。高齢者の場合は、両親や兄弟も配偶者もいない場合があります。そのような場合や、姪甥のみ相続できる特殊な条件についてと、不動産に関連する事を紹介していきましょう。

姪甥のみが相続できる条件とは

伯父さんや伯母さんなど血縁のある親族の中では、配偶者や子供や孫、両親や祖父母などがいない場合に兄弟たちが相続の権利を得る事ができます。これが法定相続人のルールです。では、姪甥のみ相続できる事象を以下にまとめてみましょう。 1.伯父さんや伯母さんなどに両親も配偶者も無く子供がいない場合 法定相続人の最後に兄弟たちが相続人となりますが、その兄弟にあたる血縁関係にあたる父または母がすでに他界している場合には、その子供である姪甥が遺産の相続を受け継ぎます。代襲制度の最後として、姪甥となり、姪甥が他界していても、その子供には、権利はありません。兄弟のみの場合はその人数で等分します。親の分の相続分を姪甥の人数で等分する事になります。他に該当者がいなければ、全財産を等分するのです。 2.配偶者のみと姪甥の相続の場合 配偶者がいた場合は、優先的に相続の割合の半分以上が確定しますが、子供がいる場合の分配は、2分1ずつで分けます。親と配偶者の場合は、配偶者が3分の2となり、両親は残りを分ける事になります。配偶者と兄弟で分ける場合には、配偶者が4分の3となり、残りの4分の1を兄弟で分けるのです。兄弟が2人と仮定したら、8分の1ずつで、3人と仮定したら、12分の1ずつを分けます。 姪甥が引き継ぐ場合には、兄弟が継ぐべき割合を等分するので、2人で等分すると仮定した場合に、8分の1が16分の1ずつとなり、12分の1の場合ならば、24分の1ずつになるのです。 3.遺言書より姪甥のみに相続 遺言書がある場合には、法定相続人よりも優先する事になります。他の相続人と裁判になった場合でも、遺留分を差し引いても、半分以上の権利を有する事ができるのです。

姪甥のみの相続の課題

法定相続人が残っている場合には、年功序列を口にする年配者もいて中々円満に解決できるような場ではない事が多いのです。また、姪甥のみの場合ですと親交が無かったり場所も離れていたりと、その地域の環境にのまれて話し合いが進まない事も考えられます。 相続人が全員で話し合いをする事が絶対条件なので、1人でもまとまらないと分割協議書が認定されなくなります。できるだけ円満に解決できるように、密に連絡を取り合って全員の了解を取り付けて文書にして、公正証書にしておくと安心です。

不動産の分割の場合

不動産を相続した場合には、相続登記をしないといけません。子供であれ兄弟であれ、姪甥のみの場合であっても、不動産の分割は難しいものです。複数の相続人がいる場合に、分割を面倒くさいと思って、仮に共有名義にしておくとトラブルの原因になり兼ねないのです。 該当する物件を、売却する場合や、賃貸にする場合にも、共有名義の許可を必要としますので、意見の食い違いで揉める事が多いです。分割の仕方も、4つの方法があります。 1.現物分割での意味合い 土地だけを相続する人、現金だけを相続する人、家だけを相続するなど、現状のまま引き継ぐ事を言います。土地だけの場合には分筆による登記で明確に分ける事もできます。 2.代償分割での意味合い 1人が土地を相続する場合に、他の相続人に対して、相続分に相当するお金で支払う方法です。 3.換価分割での意味合い 不動産を売却したお金で、等分する方法です。売却に時間を要する場合もあるので注意したいです。 4.共有名義にする場合 最初に話したように、複数の人数で、不動産を共有名義にした場合に、トラブルの元になりますので、せめて分筆して、それぞれの権利を明確にした方が良いでしょう。

まとめ

姪甥のみが相続の対象になるのは、稀な事ですが、核家族化や、独身の割合も増えており、高齢者が増えている現状では、相続の可能性が増えて来るようです。また、姪甥に対して子供代わりに接していた場合には、遺言書の指定される可能性もあるのです。今後に備えた知識として認識しておきましょう。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。