土地の売却に対する注意したいポイント



土地の売却は、人生において不動産投資以外では経験する事は、1度あるかないかだと思われます。売却や不動産における知識がある人は少ないでしょう。今回は、土地の売却に対する注意したいポイントについて紹介しましょう。

土地を売却する仕組み

土地を売却するには、情報を集める事です。これによって、自分の所有する土地の値段の相場などを知る事ができて、仲介する不動産会社を決める事で、買手を見つけてもらい、売買契約を行う事で、引き渡しを完了します。 土地を売却した場合には、確定申告の必要性があるので、土地の取得と売却によって差し引いた差額が、プラスになる事で、税金の支払いが発生する仕組みになっています。多くの場合は、売却による利益は、プラスになる場合が少ないので、場合によっては、不動産売却に対する確定申告も必要なくなり、課税の対象にもならないのです。

売却前に行動するポイント

売り出す前には、仲介してくれる不動産会社を選ぶ事が重要です。自分の所有する土地の査定は、ネットの査定などを利用する事である程度目安を知る事ができます。売却においては、買手を探す事と契約を結ぶ事が、重要なポイントになります。そのためには仲介する不動産業者を選ぶ事です。媒介契約についても把握しておきましょう。 1.専属専任媒介契約 業者を1社だけに仲介依頼する媒介契約の場合は、他の仲介会社と契約ができなくなりますが専属の分、積極的に売却を進行させてくれます。限られた期間内に買手を探さなくては売買契約を仲介できません。収益にも関係しているので、積極的に取り組んでもらえます。 2.専任媒介契約 同じく、不動産会社1社だけに仲介を依頼する媒介契約ですが、自分で買手を見つけた場合に契約できる点が異なります。自力で買手を探す事や、好条件を探せる場合に役立ちますが、自分の情報力がない場合には無意味です。 3.一般媒介契約 同時に複数の不動産会社に仲介を依頼する事ですが、競合となる事もあり、よほどの事でない限りスムーズに進行する可能性が低いので、時間的に余裕がある場合に利用します。比較して安定性の低い依頼となるので、買い手探しに時間がかかります。 ※自分で買手を見つける場合には2番か3番ですが、よほど不動産知識がないと無理でしょう。契約なども含めて、1番か2番の媒介契約が無難となります。

売却における注意するポイント

土地を売るにも注意すべき事が色々あります。 1.ローンは完済する事 住宅ローンが残っている場合には、残りのローンを一括返済しなければ自由に売る事ができません。 2.相続登記を完了する 相続における土地の場合は、自分名義でない土地を売る事ができないので、相続登記を完了しておく事です。 3.買いにくい土地は買取業者に依頼 形が悪い土地や、宅地に利用できない場合や、再建築不可物件などは、買手を探すのが困難になるので、場合によっては、買取業者に依頼する事です。高価買取は難しいでしょう。 4.古い建築物のある土地 金融機関の融資を受ける場合に有利となるので、買手が付きやすくなります。居住目的の場合に解体費用分値引き要求される場合があるので安くなってしまいます。 5.更地売却のメリット 更地の方が、査定価値が高いので、古家付きよりも高く売れる事です。ただし住宅用地特例を受ける事ができずに固定資産税に大きな違いがあり、買手がみつかるまで高い税金を払い続けます。

土地の売却での特別控除

土地だけの売却とマイホームの売却では控除の対象が異なります。売却後の節税に利用しましょう。 ①5,000万円の特別控除 公共事業などの為に土地や建物の売却での控除です。 ②3,000万円の特別控除 居住用の住宅を売った場合の控除です。 ③2,000万円の特別控除 特定土地区画整理事業などの土地を売却した控除です。 ④1,500万円の特別控除 特定住宅地造成事業などの為に土地を売却した控除です。 ⑤800万円の特別控除 農地保有の合理化などの為に土地を売却した控除です。

まとめ

土地の売却には、相場の目安を参考にして、信頼できる仲介業者を見つけてスムーズに売却できるように注意する事です。売却のポイントに注意して売却後の節税や申告についても把握しておきましょう。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。