土地売却の流れとポイント



初めて土地を売却するなら、どのような手続きが必要なのか流れを押さえておきたいところです。できるだけ有利に売りたい、時間を無駄にしたくないという方には必要な情報になります。

不動産会社の査定を受ける

土地を売却するときは、不動産会社の査定を受けるところから始まります。不動産会社は購入者探しから、売買契約などのサポートをしていきます。これを「仲介」と言います。なお、「仲介」ではなく、不動産会社が土地を購入するという方法もあります。 しかし、この場合、通常相場よりも土地代金は下がってしまうため、特に急ぐ必要がなければ、「仲介」を利用しての売却をおすすめします。 また、任せる不動産会社ですが、会社によって得意分野と得意エリアがあるため、査定額はまちまちです。売りたい土地の周辺を得意エリアとしている会社をみつけることが大切です。

不動産会社に土地売却を依頼する

不動産会社の査定を受けて、土地の売却を依頼することが決まったら、「媒介契約」を結びます。一般的には「専任媒介」または「専属専任媒介」がおすすめです。おすすめする理由は3つあります。 まず、不動産の仲介手数料は、成功報酬です。「専任媒介」と「専属専任媒介」であれば、担当者が力を入れて土地の販売活動をしてくれます。 次にあげられるのは「特典」があることです。「専任媒介」や「専属専任媒介」にすると、様々な特典がある会社が多いです。特典については不動産会社に確認してみましょう。 最後のおすすめする理由は、手間がかからないことです。不動産会社とのやりとりが一人の担当者で済むので、手間がかかりません。

価格を決めて広告を出す

販売価格の決定権は売主にありますが、不動産会社と相談して決めることが得策です。また、土地の売買では、値下げ交渉をされることも珍しくありません。 最初から交渉されても大丈夫なように価格を上乗せしておくこともひとつの手です。しかし、あまり高すぎると、売却出来なくなってしまう恐れが出てきます。周辺相場などに精通している不動産会社の意見を聞くことも大切です。

購入希望者が見学にくる

売り出し後、購入希望者が土地を見学に来ます。不動産会社が案内するので、通常売主の立ち合いは必要ありません。売主が気をつけたいことは、雑草や、ゴミが放置されていないかという点です。購入希望者の印象を悪くしないうえでも適切な管理が必要です。

買主が決まったら契約を結ぶ

売主、買主、不動産会社によって、売買契約書を交わし、手付金の授受を行います。売買契約は、「重要事項説明書」の内容を確認しながら進めていきます。契約日より前に、各種書類の写しを不動産会社から受け取り、内容を確認します。精読して、不明な点があれば事前に不動産会社に確認しておきましょう。

残りの代金を受領して土地を引き渡す

売買契約書で取り決めた日に、残りの代金を受け取り、土地を引き渡します。引き渡しの日に、司法書士は法務局に行き、所有権移転登記を申請します。年の途中で売買する場合、決済日以降の固定資産税は買主が負担することが多いです。 固定資産税などは、毎年1月1日時点の所有者に対して1年分の税金が課税されています。そのため、引き渡し前日までは売主が負担し、引き渡し日からは買主が負担するものとして、通常、決済日に日割り精算することになっています。

売却の翌年に確定申告する

確定申告の際、売却益に対しては、所得税と住民税が課せられます。土地の売却で優遇制度が利用できる可能性があるのは、「持ち家が建っていた土地を売却するとき」と「空き家(相続したもの)を取り壊して売却するとき」などです。活用してみてください。

まとめ

土地の売却について流れを確認してきました。売りたい土地の周辺を得意エリアとしている不動産会社をみつけ、良好なパートナーシップを築くことが大切であるということをご理解いただけたかと思います。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。