知って安心 ~土地売却の手続き~



初めて土地を売却する場合、どのような手続きが必要なのか知っておきたいところです。専門的な分野にわたることが多いため、信頼できる不動産会社を、パートナーとして選ぶことが大事になってきます。一緒に見ていきましょう。

不動産会社の査定を受ける

土地を売却するときは、まず不動産会社の査定を受ける必要があります。 査定する不動産会社ですが、会社によって得意分野と得意エリアがあるため、査定額はさまざまです。売りたい土地の周辺を得意としている不動産会社をみつけることが肝要です。 土地の査定は、「いくらで査定されるか」よりも、「どんな不動産会社が査定するか」の方が重要です。売却実績が不明な不動産会社A社が査定した8,000万円という査定価格と、その土地に精通し、信頼のおける不動産会社B社が査定した5,000万円という価格なら、後者の査定額を信用すべきでしょう。 査定価格は、3ヶ月ほどで売却できるものと判断される価格です。1、2週間程度で売却できてしまうようであれば査定価格は安すぎることになり、また6ヶ月以上経っても売却できないような場合は査定価格が高すぎることになります。

不動産会社に土地売却を依頼する

不動産会社の査定を受けて、土地売却の依頼するところが決まったら、「媒介契約」を行います。通常であれば、「専任媒介」もしくは「専属専任媒介」を結ぶことをお勧めします。そのポイントは3つあります。 1つ目のポイントは、不動産の仲介手数料は、成功報酬になるということです。この二つの媒介であれば、担当者も土地の販売活動に力が入ります。 2つ目のポイントは、「特典」があることです。この二つの媒介にすると、様々な恩恵を受けられることが多いです。特典についてはそれぞれの会社に確認してみましょう。 3つ目のポイントは、手間がかからないことです。不動産会社とのやりとりを一人の担当者で済ますことが出来るため手続きを簡素化できます。

買主が決まったら契約を結ぶ

買主が決まったら売買契約書を交わし、手付金の受け渡しを行います。売買契約は、「重要事項説明書」に沿って進めていきます。 前もって不動産会社に重要事項説明と売買契約のスケジュールを確認することをおすすめします。売買交渉の最終段階では、時間的余裕がなくなりがちですが、しっかりと考えて最終判断ができるようスケジュールを調整することも大事になってくるからです。

残りの代金を受領して土地を引き渡す

売買契約書で決められた日に、残金を受け取り、土地を譲渡します。譲渡する日に、法務局に行き、所有権移転登記を申請します(通常司法書士が行います)。

まとめ

土地の売却の手続きについて確認してきました。売りたい土地の周辺を得意としている不動産会社は心強いパートナーとなるでしょう。良好な関係を築くことが大切であるということをご理解いただけたかと思います。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。