土地の売却の流れから仲介人に求めるサポート内容の確認



土地売却には仲介役である不動産業者を選ぶ事からはじまります。土地売却を行う流れからその仕組みを理解し、販売活動にのぞむと良いでしょう。また、不動産業者のサポートが、どのような内容になっているのか確認しておくと安心です。

土地売却の流れを確認

土地や建物の売却には一連の流れがあり、所有している物件に合わせて、売却の検討を行う必要があります。 1.査定の依頼 自らサイトを利用して無料の査定診断が行えます。おおまかな目安の判断ができますが、不動産会社を利用する場合は、複数の会社に細かい査定をしてもらいます。 2.不動産会社と媒介契約 不動産の売買には、仲介人が必要となります。その依頼には、3つの方法がありますが、その特徴から「専属専任媒介契約」をお勧めしています。専属専任媒介契約は「複数の不動産会社と契約できるかどうか」で決めるのですが、1つに限定した方が、信頼面や優先度を高める事につながります。 「一般媒介」は複数の業者と契約を交わすので、優先度が低くなります。知人のつてがある場合には、その中間の「専任媒介」を選ぶ場合もできます。測量や境界について相談して必要性の確認をしておきましょう。 3.価格設定と販売活動 購入希望者から値下げ交渉についても検討する必要があります。値段設定が高い場合ですと売れにくくなる場合があるので、交渉の余地として値下げの幅を決めておくのも販売のコツになります。 4.内覧の準備 購入希望者に対して現地での内覧を実施します。建物がある場合には、内部を綺麗にしておきます。土地だけの場合には、更地での売却が必要な場合には、その費用がかかるので、販売方法を確認しましょう。敷地内にある設備などは、登記の確認が必要です。 5.売買契約を結ぶ 売買代金の支払い方法や、契約を解除する場合などに触れる「重要事項説明書」の説明をしてから契約を交わします。必要な条件があれば、特約による項目を追加します。手付金が必要ならば契約の確保として受け取ります。 6.引き渡し 手付金以外の残金と必要書類と、鍵等があれば受け渡しを行い、司法書士に依頼して登記の変更手続きを行って、引き渡しが完了となります。 7.アフターフォロー 売却益に関しては、譲渡所得の申告が必要な場合もあるので、その対応を確認しましょう。

不動産仲介業者に求める売却サポート

初めて不動産の売却をする場合がほとんどですので、仲介業者の求めるサポートは、業者選びのポイントにもなります。ローンがある場合や相続物件の注意点も確認しておきましょう。 1.目標金額の設定 高く売りたいのが本音ですが、確実に売る為の値段設定が必要になります。目安となる相場を参考にして、値段設定のすり合わせを行って下さい。その値段に決めた理由についても確認しておきましょう。値段交渉が必要になった場合の交渉幅を決める必要もあります。売れない場合は、値段を下げても無理な場合もあるので、買手の出方に応じて値段の幅を決めておきましょう。 2.売却活動の戦略 希望をかなえる為の戦略が必要です。細かな打ち合わせによって、理想の形で販売をしていく事です。 3.交渉と売却の実行 買手が見つかった場合には、契約の交渉をまとめていく方向で仲介業者にまかせることも大事です。契約の取り交わしや売却の受け渡しまでの注意事項やサポートの確認をしておきます。手数料についても確認しておきましょう。 4.アフターフォローの確認 受け渡しが完了しても、確定申告の方法や、物件の保証内容に対して売主が注意すべき点についてもサポートしてもらいましょう。

まとめ

土地の売却の流れから内容の確認をする事によって、売主がすべき事と、仲介業者に依頼すべき事が理解できたと思います。それぞれの状況で、売主が納得して販売活動がまとまるような、仲介業者のサポートが必要であり、仲介業者選びの参考にすると良いでしょう。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。