土地売却はどの様な方法をとるのか?



土地などの不動産を売りたいという場合、借金の返済や相続税の支払いのため、また生活費に充当するためや住み替えのためにという様な諸事情があるかと思います。土地売却の概要や売却のかかる費用かつ売却に必要な書類などについてご説明をいたします。

土地売却の流れ

土地の売却に伴う流れについて説明します。土地を売るためには、やはりその道のプロに依頼することが良いでしょう。土地売却は、まず土地売却に実績のある、信頼出来る不動産を選ぶことから始まります。売却の流れは以下の通りです。 〇土地の査定を行う 不動産業者に依頼して土地の価格の査定を致します。査定によりどの程度の価格で売れそうかを売却前に知ることが出来ます。査定の価格は業者によって異なりますが、自身も事前に土地のおおよその相場を知っておく必要がありますので、情報の確実性の高いものを集めておきましょう。 〇土地売却の触媒契約を結ぶ 不動産会社と土地売却の媒介契約を結びます。この契約関係により不動産会社が売主に代わり土地の売却を行います。また、購入希望者が出た場合、契約の条件などの交渉に進みます。 〇買主と条件交渉をする 買主と細かな購入条件を詰めていきます。交渉する条件はその時々で違いますが、例えば「残置物を取り除いてから引き渡して欲しい」「引き渡しを早くして欲しい」「半端な数を値引きして欲しい」などが代表的です。お互いに納得がいきましたら売買契約を締結します。 〇土地の引き渡しをする 契約を締結した後、土地の引き渡しをします。引き渡しを終われば、土地の売却も終了です。 この中で繰り返しになりますが、大切なのは土地についての相場価格などの情報です。これについては公的機関(国土交通省・不動産流通機構)が過去の不動産取引データを出しています。一般の方でも活用できますので、参考にしてみるのも良いでしょう。

土地売却に必要な書類

土地売り出し前に必要な書類の準備が必要になります。書類の中には取得に時間のかかるものもあるので、早めに用意しておきましょう。 ・固定資産税納税通知書 ・固定資産税評価証明書 ・土地測量図 ・境界確認書 ・建築確認済証 ・検査済証建築設計図書 ・身分証明書 ・実印 ・印鑑証明書 ・住民票 ・登記済権利書(登記識別情報) ・工事記録書等

土地売却にかかる3つの費用

土地売却には、以下の費用がかかります。 〇印紙代:売買契約書にはりつけるための印紙代がまず必要です。この印紙代の金額は土地の価格によっても異なってきます。 〇仲介手数料:土地の売買を不動産業者などに依頼して仲介をした場合には、仲介手数料が発生してきます。売買価格に対して3%~5%までと宅地建物取引業法で定められています。 〇細かな費用:土地を売却する際にまだローンが残っているという場合には、抵当権を抹消するための費用や住所や名前を変更する場合には変更登記費用など。また住民票や印鑑証明をとるためにも費用がかかります。 測量費用や土地を一部だけ売却するという場合には売却の分筆登記費用がかかってきます。抵当権の抹消登記は、司法書士にお願いした場合おおむね1万円から3万円程度で代行します。なお、登録免許税は物件1件に対して1,000円です。

まとめ

今回は、土地の売却に関連した情報を掲載しています。土地売却についての一連の概要、売却に必要な書類や、売却にかかる費用などについて触れましたが、土地の状況により異なりますので、不動産会社に相談することからスタートしましょう。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。