ローンがある家を相続した時の売却について



皆さんは住宅ローンが残っている家を相続するとどうなるかご存じでしょうか? 住宅ローンが残っていると、相続によってその抵当権も住宅ローンも一緒に引き継ぎます。そのため、払わないといけなくなるのです。今回はそんな住宅を売却する際の内容についてみていきましょう。

ローンが残っている家は売れるのか?

住宅ローンは長期の返済期間が多いので、その長い時間の中で様々な事情によりライフスタイルが変わるという事も珍しくありません。住宅ローンを組んでいる間に、何らかの理由で売却する事になった場合、よく勘違いされるのが全額返済を終わらないと売却が出来ないとお考えの方も多いようですが、実はそんな事はありません。 まだ返済が残っていても、その段階で売りにだす事は出来ます。但し一点だけ条件があります。その条件というのは売却をする時に、ローンを全額完済しなければならないということです。 ローンの残高と売却の残高を比べた時に、売却代金が多ければお釣りがくるので大丈夫ですが、問題は売却代金よりローンの方が多い場合は差額をどこかから準備しなければ売ることが出来ません。 したがってローン返済中の物件を売ることは出来ますが、ローンの残高と売却額どちらが多いかは重要なポイントになってきます。基本的には全額返済しないと売れないと言うことが ここで分かりました。 しかし、そうは言っても住宅は購入した時よりも価値は下がっていますし、ほとんど自己資金を入れずに購入される方も多いですので、残債が多くて売れないことも中には出てきます。 では、そういう方は売ることができないのでしょうか? 次にそのような事情がある方でも家が売れる方法があるので見ていきたいと思います。

任意売却とは?

任意売却とは家を売ることです。では一般の不動産売却との違いについて、説明していきます。家を売りたい方がいて家のローン残額3000万円、売却査定額2500万円、不足額500万円でした。一般の不動産売却では500万は預貯金を使うなり売却額で相殺などが必須です。 しかし任意売却では、この不足額500万が無くても売却をする事が出来ます。任意売却をする方はそもそもローンが払えない方で、離婚やリストラ、病気など様々な事情があり毎月の支払いに追われる悪循環から抜け出したい方々です。 任意売却を行うと競売より高く売れて銀行にもメリットがあるため引っ越し代の援助、残ったローンは少額返済の交渉ができ新生活をスムーズにスタート出来ます。

まとめ

不動産を相続した際にローンが残っている場合はとても大変ですよね。基本的には不動産売却で売り、生活が困窮するような状態なら任意売却がお勧めです。今回のテーマは今後に必ず役立つ事でしょう。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。