土地を売却する際に知っておくべき抵当権について



土地を売却するためには、物件と同様に抵当権を抹消する必要があります。今回は、抵当権の意味や抹消手続きの際のポイントなどを解説していきます。土地の売却を検討している方は、抵当権の知識を身に着けておきましょう。

抵当権とは何か

「抵当権」とは、家や土地を購入する際に組む住宅ローンの担保として、金融機関が設定しておくものです。万が一債務者がローンの返済を滞納してしまった場合に、抵当権を設定しておくことで土地や建物を処分する権利を金融機関が持つことが出来ます。 住宅ローンの返済中でも土地を売却することは可能ですが、売却する前にこの抵当権を抹消するための手続きを行わなければなりません。

抵当権抹消の手続きについて

住宅ローンの返済が済んでいる場合は、金融機関から必要な書類を取り寄せることにより抵当権抹消の申請を行えます。一方まだ返済が終了していない場合は、まず「売却して得た収益を活用してローンの残額を一括返済したい」という希望を金融機関に相談します。 許可が下りたら、売却に必要な書類が郵送されてきます。一括返済終了後、所有権移転登記の申請をするタイミングで、抵当権抹消の手続きをします。

抵当権抹消手続きに必要な書類とは

「登記原因証明情報」「委任状」「登記識別情報通知書」か「登記済権利証」については、金融機関から取り寄せる書類です。その他に必要なものは、「抵当権抹消登記申請書」(法務局のHPでダウンロード出来ます)、「金融機関の会社法人番号」(国税庁の法人番号公表サイトにて確認可能)です。また、抵当権を抹消するには、不動産1つにつき千円の登録免許税がかかります。(※土地が複数に分かれている場合は、その分を支払うことになります)

手続きを専門家に依頼する際の費用について

抵当権抹消の手続きはご自身でも出来ますが、不安な方は司法書士に依頼することをおすすめします。手続きに不備があると受理されない場合もあるため、専門家に任せたほうがスムーズで安心です。 司法書士への依頼料金は事務所や土地数で異なりますが、1筆の土地および1筆の建物の場合約1万5千円~2万円(税抜き)が目安となっていて、別途交通費などの実費が必要となる場合があります。

土地を売却する際に確認しておくべきポイント

まず、所有している土地の面積や立地など現況を確認します。法務局で取得可能な登記簿謄本に記載されている情報は古いままの可能性があるので、事前に一致しているか確認しておくと良いでしょう。 また、更地でも建物の滅失登記がまだ済んでいない場合もあるので、念のため確認して下さい。それから前面道路が私道になっているか登記簿謄本で調べたうえで、私道となっていたら所有者に売却の承諾を取って下さい。売却後のトラブルを防げます。

まとめ

住宅ローンを組む際に設定される抵当権を抹消するためには、ローンの残額を全て返済し、法務局にて抹消手続きを行うことになります。抵当権は自然に解消されるわけではないので、土地や建物の売却を検討されている方はご注意下さい。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。