土地売却における注意点と売却益



土地を売却して得られる売却益はケースによって様々です。土地売却は時間などもかかり、手続きも簡単ではありません。今回は土地の売却理由や土地売却についての注意点など、土地売却にまつわるあれこれについて解説してまいりましょう。

不動産の売却

土地の売却理由は様々です。それを大きく分けると、おおよその理由は「相続」と「資産整理」、「住み替え」に分類する事が出来ます。また土地は売却する土地の種類によっても税率などが違ってきます。 土地と一言で言っても、色々なケースがあります。土地の上に建造物がない更地や、その土地の用途が住宅向きでない土地などです。土地の売却は大方の人が思っているより難しいという事です。 そして、土地の売却は思い立ってもすぐに売却できるといった簡単なものではない事も理解しておく必要があります。土地の売却には、一般的に短く見積もっても半年は掛かるものだと言われています。 土地を売却して得られる売却益が幾らなのか、またその際に支払わねばならない税金などを知らねば、売却する意味が薄れてしまいます。まず幾らで売れそうなのかを知るところから、始める事が重要です。 不動産の売却はまったく初めてだという方には、ご自身で行なうよりも経験や実績の豊富な不動産会社を通じて売却する方が得策かも知れません。個人での土地の売却は思っているよりもハードルの高いものと言えるからです。 不動産会社に依頼する際も、1社ではなく複数の不動産会社から見積もりを取るというのも大事になってきます。その土地の相場が幾らなのかを知る方法として、複数の不動産会社から見積もりを取る事は、大変参考になります。

土地を売却する際にかかる費用

土地を売却するには、費用が掛かります。必ずかかる費用として税金があります。これは所得税・住民税・印紙税などです。これ以外にも不動産会社を利用して売却した場合には別途費用が発生します。 不動産会社に支払うのは、「仲介手数料」などです。この手数料は不動産会社により様々ですので、やはり土地の売却に際して見積もりを数社からとることはとても大事なことだとお分かりいただけると思います。 土地の売却で得られる売却益とは、その土地がいくらで売れるものなのか、また実際いくらで売れたのかで違ってきます。売却益とは基本的に、土地を売却した際にでる利益の事を指す言葉ですが、場合によっては損失が発生するケースがあるという事も理解しておくことです。

まとめ

土地の売却に伴う売却益とは、簡潔に言うと「土地を売って得た金額から取得費と譲渡費用および特別控除などを差し引いたもの」を言います。繰り返しになりますが、土地の売却には、ある程度の時間もかかり、手続きも簡単なものではありません。土地の売買に関しては、複数の不動産会社から見積もりを取り、実績の多い信頼できる不動産会社に依頼する事を是非ご検討ください。 不動産の売却、購入に関してお悩みの際には【株式会社日本不動産】までご一報ください。